Ivw1oqp1mdanvkkqcqom

DIY・ハンドメイド

CATEGORY | カテゴリー

焚き火台を自作!ツーリングにも【100均・ニトリ・スノーピーク】作り方!

2018.09.12

キャンプやBBQなどアウトドアを楽しむには焚き火台が必須ですよね。キャンプツーリングではコンパクトな自作の焚き火台も活躍します。ニトリやスノーピークも有名ですが、今回は100均でも揃えられる、ツーリングでにも便利な自作の焚き火台の作り方についてご紹介します!

目次

  1. キャンプツーリングにも便利な自作焚き火台の作り方をご紹介!
  2. キャンプツーリングにも便利な自作焚き火台の作り方をご紹介!①一斗缶
  3. キャンプツーリングにも便利な自作焚き火台の作り方をご紹介!②ペール缶
  4. キャンプツーリングにも便利な自作焚き火台の作り方をご紹介!③プランタースタンド
  5. キャンプツーリングにも便利な自作焚き火台の作り方をご紹介!④万能蒸し器
  6. キャンプツーリングにも便利な自作焚き火台の作り方をご紹介!⑤折り畳み椅子
  7. キャンプツーリングにも便利な自作焚き火台の作り方をご紹介!⑥ステンレスメッシュ
  8. キャンプツーリングにも便利な自作焚き火台の作り方をご紹介!⑦ニトリ/折りたためるBBQグリル
  9. キャンプツーリングにも便利な自作焚き火台の作り方をご紹介!⑧スノーピーク/ST-031R
  10. キャンプツーリングにも便利な自作焚き火台の作り方をご紹介!まとめ

キャンプなどでバーベキューをする場合には焚き火台が必須となります。キャンプ場やグランピングなどの施設であれば用意された焚き火台を使用することができますが、大自然やツーリングでキャンプを行う場合には焚き火台が用意されていないことも多いはずです。そんなときに活躍するのが自作の焚き火台です。とくにキャンプツーリングでは荷物が制限されるということもあり、簡単に組み立てることができるコンパクトな自作の焚き火台が便利です。

では、自作の焚き火台とはどのようにして作ればいいのでしょうか。その材料は簡単に、ダイソーなどの100均で揃えることができます!そこで今回は、ダイソーなど100均の材料で自作焚き火台の作り方や、ニトリ・スノーピークのおすすめ焚き火台もご紹介いたします!

Images?q=tbn:and9gcsa8g90zfdlo4r1cc70alfhq6ok 8mjufs6rrfhikq8hgxd2m y
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSa8G90ZFdlO4r1CC70ALfHQ6OK_8Mjufs6rrFHIKQ8hgxD2m_Y

昔は一斗缶に穴を開けて、ゴミなどを燃やしている光景を目にすることもありました。その要領で一斗缶を使って焚き火台を作ることができます。自作で焚き火台を作る場合の一番一般的な方法ではないでしょうか。作り方としては上の画像のように一斗缶と網を準備し、一斗缶に網をかけるための穴を開け、ボルトを取り付けてそこの網を乗せ炭を置く場所を作り、蓋の部分にも網を乗せて使用します。最も簡単な方法としては、空気穴を開けて上に網をおいて使用するということもできます。

30589992 436577440115442 5915442174559780864 n
引用: https://scontent-atl3-1.cdninstagram.com/vp/470a3d36cad9f9fa87136b834b0dedb1/5C0181F4/t51.2885-15/e35/30589992_436577440115442_5915442174559780864_n.jpg

一斗缶を横にして作るとさらに本物のバーベキューコンロのように使用できます。ニッパ―を使って一斗缶の蓋と底の部分を切り取り、側面に網を乗せて使用します。ニッパ―を使って切る場合には、ニッパ―の刃や一斗缶の切り口で手を切らないように注意しましょう。

1/5

続きを読む