Ffzyf8kofi5mv6pk0jil

料理

CATEGORY | 料理

ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!

2018.09.01

お酒のおつまみのほか、お菓子やパンに使うことも多いナッツは、とても豊富な栄養素が含まれています。しかしナッツを比較すると、種類によって栄養素が異なります。カロリーが高いのに「ダイエット効果もある!」ナッツ。ナッツの種類ごとの栄養素について比較しました。

目次

  1. ◆はじめに~ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!
  2. ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!❶アーモンド
  3. ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!❷カシューナッツ
  4. ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!❸クルミ
  5. ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!❹マカダミアナッツ
  6. ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!❺ピーカンナッツ
  7. ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!❻ピスタチオ
  8. ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!❼ヘーゼルナッツ
  9. ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!❽松の実
  10. ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!❾ミックスナッツ
  11. ◆まとめ~ナッツの栄養素を種類別に比較!効果、カロリーや炭水化物を比較した選び方を!

アーモンドを始め、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、ピスタチオ……さまざまな樹木に成る美味しい実(ナッツ)。当然ですが、樹木の種類が違うためナッツの栄養素もそれぞれに異なります。そして当然カロリーも異なります。また、カロリーが高いのにダイエットにも効果があることが医学的にも証明されています。それでは、それぞれのナッツの栄養素と効果、カロリーについてご紹介していきます。最後に、ナッツによる効果的なダイエット法についてご紹介します。

関連記事

栄養素と効果

アーモンドは、昔からよく食べられてきました。バラ科サクラ属の落葉高木に実ります。アジア西南部が原産です。一粒丸々入った、あのチョコレート菓子が有名です。アーモンドは、天然サプリメントとの代名詞もあります。その理由は、ビタミンEの含有量が高く、アンチエイジングの効果があるとされている抗酸化作用があるからです。この他に、悪玉コレステロールを減らす効果のあるオレイン酸、骨粗しょう症予防や便秘解消にも効果があるとされている食物繊維やミネラルの含有量も高いのです。

カロリー

100グラム当たり606キロカロリー。

栄養素と効果

中南米原産のウルシ科の常緑高木に実るカシューナッツ。ナッツ類は一般的に堅いのですが、このカシューナッツは柔らかい食感が特徴です。鶏肉との炒め物で用いられる中華料理との相性も抜群です。栄養素は、亜鉛や鉄分などのミネラルの含有量が高く、骨や歯を丈夫にする効果、骨粗しょう症予防の効果があるとされています。貧血予防にも効果的です。生活習慣病にも良いとされています。そして女性が気になるダイエットにも効果を発揮すると言われています。

カロリー

100グラム当たり576キロカロリー。

1 / 4