2018年09月14日 UPDATE

天然石ブレスレッド作り方・デザイン集!初心者でもできる!材料・効果を紹介!

天然石を使ったブレスレッドのおすすめデザインと、簡単な作り方をご紹介します! 初心者でもわかりやすい配置など、天然石ブレスレッドを作る上で参考になる作り方をご紹介します。 かわいらしいデザインで腕元につけてもかわいい天然石ブレスレッドを使ってみましょう!

目次

  1. 初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方って?
  2. 初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方①材料を用意する
  3. 初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方②ゴムを始末する天然石を決める
  4. 初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方③天然石にゴムを通していく
  5. 初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方④ゴムをかた結びする
  6. 初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方⑤ゴムの硬さを調節する
  7. 初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方⑥再度かた結びする
  8. 初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方⑦ゴムの結び目を締めて小さくする
  9. 初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方⑧結び目を天然石に入れゴムを切り完成!
  10. 天然石ブレスレッド作り方・デザイン集!初心者でもできる!材料・効果を紹介!のまとめ

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方って?

Kasanezuke3
引用: https://www.ishi-imi.com/img/knowledge/kasanezuke3.jpg

運気のアップや生活のパワーをもらうことができるパワーストーン。様々な種類があり、その中からご自身のお好みの種類を見つけるのも楽しみの一つです。そんな天然石のブレスレッドは、自分で簡単に作れるということをご存知ですか?効果のあがる配置もあります。今回は初心者でも簡単に作ることができる、おすすめの天然石ブレスレッドの作り方をご紹介していきます!

その前に、まずは天然石ブレスレッドの材料としておすすめのゴムについてご紹介していきましょう。天然石を使ってブレスレッドを作る際には、どのようなゴムを使って作るのがおすすめなのでしょうか?

オペロンとは、ポリウレタン樹脂製の伸縮性のある素材です。強度と耐久性があり、結び目がしっかりと作れるので、ブレスレットには最適。スタンダードな白以外の色もあるので、好みやデザインに合わせて選びましょう。

まずおすすめしたいのが、オペロン素材のゴムです。オペロンとはポリウレタン樹脂でできている素材なので伸縮性があり、手首を締め付けすぎる心配がありません。さらには結び目が付けやすい素材なので、しっかりとした結び目が重要になるブレスレッドづくりでは非常に役立つ素材といえます。

シリコンゴムは経年劣化していきますので、定期的にゴムの交換を心掛けましょう。 その際、ゴムの結び目に接着剤等を使用してしまうと、石にくっついて取れなくなりますので、なるべくかた結びのみで始末しておくことをおすすめします。 かた結びだけでも、体温等でゴムが溶け、石から外れなくなる場合があります。その際はペンチなどでゴムを持ち、少しずつ引き出してみましょう。

オペロン素材のほかにおすすめなのが、シリコンゴムです。ゴムと聞いて私たちがイメージする定番の素材ではありますが、使い勝手がよく、ブレスレッドづくりでも重宝します。しかしながら、ゴムの特性として伸びてしまったり、体温で溶けてしまう可能性があるなどデメリットもいくつかあります。ブレスレッドを作る際には、基本的にはオペロン素材を使うのが望ましいでしょう。

71%2bhqi%2b9x7l. uy395
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71%2BhqI%2B9x7L._UY395_.jpg
オペロンゴムの場合は、糸通しの要領で繋いでいきます。針金等にゴムを通して2重にし、針金ごと石に通していきましょう。 シリコンゴムのサイズは、0.1mm刻みで用意されています。 6mm~8mm珠のパワーストーンなら0.8mm、10mm珠以上なら1.0mmのゴムを使用すると強度が保たれ、安心です。

上記は、天然石に糸を通す際のコツを記載したものです。オペロンゴムの場合は糸通しの要領と同じように天然石に通していきましょう。シリコンゴムの場合は、石に合ったサイズを用意してぴったりのゴムを通すように調節しましょう。

Dsc06351
引用: http://onlineshop.stone-m.com/images/detailed/1/DSC06351.jpg

さて、ここまで天然石ブレスレッドづくりに関する情報をご紹介していきました。ここからは天然石ブレスレッドのおすすめの作り方について、詳しくご紹介していきます!ご紹介する作り方を参考に天然石のブレスレッドを作って、腕元をおしゃれに飾ってみましょう!

関連記事

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方①材料を用意する

Gaikokunoametogamu tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/gaikokunoametogamu_TP_V.jpg

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方、1つ目は材料を用意することです。下記の材料一覧をもとに、材料を揃えていきましょう。天然石(ビーズ)はお好みの種類で構わないので、運気の向上やデザイン性などで決めてもOKです。使う天然石全てのバランスや配置と効果を考えて、カラーやデザインを調節するのもアリですね。オペロン素材やワイヤーなどは手芸店で揃えておいてください。

オペロン……80cm 色は好みでOK ビーズ(一列に並べて約19cmになるサイズ・数) ナイロンコートワイヤー(または普通のワイヤー)……太さ#38 15cm

Column29 main3
引用: https://pascle.net/file/column/column29-main3.jpg

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方②ゴムを始末する天然石を決める

4d2898cc519c4468d541cbcfe0072ef6 4
引用: https://i0.wp.com/itsumotanoshii.com/wp-content/uploads/2018/06/4d2898cc519c4468d541cbcfe0072ef6-4.jpg?resize=680%2C510&ssl=1

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方、2つ目はゴムを始末する天然石と配置を決めることです。ブレスレッドづくりにおいて、ゴムの結び目を始末する穴を決める工程は非常に重要な役割です。穴が比較的大きな天然石を選んで、ゴムの結び目を始末する石として決めておきましょう。ブレスレッドの材料の中の天然石のうち、2個を始末用の石として選んでおいてください。

%a5%ef%a5%a4%a5%e4%a1%bc%a5%d6%a5%ec%a5%b9 5
引用: http://img06.shop-pro.jp/PA01131/371/etc/%A5%EF%A5%A4%A5%E4%A1%BC%A5%D6%A5%EC%A5%B9-5.jpg?20120925172824

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方③天然石にゴムを通していく

Maxresdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/awhFmfffIL4/maxresdefault.jpg

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方、3つ目は天然石にゴムを通していくことです。始末する石が決まれば、続いてはゴムを天然石の穴に通していきます。この際、始末する穴のある天然石は必ず一番最初と最後に通すようにしましょう。こうすることによって、端と端に始末用の天然石が並ぶようにゴムを通すことができます。ゴムを通す際には、大きさなどのバランスを考えて配置・デザインしてもいいですね。

%a5%ef%a5%a4%a5%e4%a1%bc%a5%d6%a5%ec%a5%b9 3
引用: http://img06.shop-pro.jp/PA01131/371/etc/%A5%EF%A5%A4%A5%E4%A1%BC%A5%D6%A5%EC%A5%B9-3.jpg?20120925172548

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方④ゴムをかた結びする

5
引用: http://malulani.info/column/wp-content/uploads/2016/11/5.jpg

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方、4つ目はゴムをかた結びすることです。ゴムを全ての天然石に通すことができれば、次の工程でゴムをしっかりと結んでいきます。ゴムの両端を持ってクロスさせ、靴ひもやビニール袋をかた結びする要領で結んであげてください。ここの結び方がゆるいとブレスレッドがきれいな形ではなくなってしまうので、しっかりと結ぶようにしましょう。

Nishidanaomi 2007 10 28t16:05:11 1
引用: http://blog.nishidanaomi.net/pages/conv_default/image/nishidanaomi-2007-10-28T16:05:11-1.jpg?maxwidth=40%25

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方⑤ゴムの硬さを調節する

Ab s14 main
引用: http://www.ishi-pax.com/images_con/AB-S14-main.jpg

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方、5つ目はゴムの硬さを調節することです。硬く結ぶことができれば、続いてゴムの硬さを調節していきましょう。ブレスレッドは毎日でも付けることのある手軽なアクセサリーなので、あまりにも窮屈すぎると使いづらくなってしまいます。いつでも使えるように、少しスペースに余裕があるくらいのゆるさに配置調節するようにしましょう。

T recipe091
引用: https://www.beadsfactory.co.jp/trend/imgs010/t_recipe091.jpg

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方⑥再度かた結びする

7
引用: http://malulani.info/column/wp-content/uploads/2016/11/7.jpg

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方、6つ目は再度かた結びすることです。ゴムの緩さを調節することができれば、その位置を固定するため、再度かた結びを行います。先ほど行ったかた結びと同じ結び方で、しっかりと硬く結んであげましょう。ここのかた結びをしっかりと行うことで、ゴムとブレスレッド自体の大きさをきっちりと決めることができます。

715leredv0l. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/715lERedV0L._UL1500_.jpg

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方⑦ゴムの結び目を締めて小さくする

Htbrs04
引用: https://www.rys.co.jp/img/htbrs04.jpg

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方、7つ目はゴムの結び目を締めて小さくすることです。ゴムをかた結びして大きさを決定したら、その結び目を小さくする作業に入ります。両端のゴム紐を持って、両サイドにひっぱることで結び目は小さく縮まっていきます。ゴムが切れないように、ゆっくりと縮めていってください。

Howtobrace 3
引用: https://www.florence-stone.co.jp/user_data/packages/custom/img/material/img/page/howtobrace-3.jpg

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方⑧結び目を天然石に入れゴムを切り完成!

Silicon10
引用: http://www.pron.jp/stonebeads/silicon10.jpg

初心者用天然石ブレスレッドのデザインと作り方、8つ目は結び目を天然石に入れゴムを切り完成です。ゴムの結び目が縮まれば、最初に始末用と決めていた天然石の穴に結び目を入れて、調整を行って完成です!ゴムの結び目を天然石に入れる際には、ゴムを切らさないように慎重に行いましょう。ゴムの結び目が入った後は、ゆっくりとゴムを少しだけ引き出すことでしっかりと固定されるようになりますよ。

Img 8745
引用: https://23m2.xyz/wp-content/uploads/2017/07/IMG_8745.jpg

関連記事

天然石ブレスレッド作り方・デザイン集!初心者でもできる!材料・効果を紹介!のまとめ

Bad1fac50b38f1d01603edf443d7bd86c59b47eb
引用: http://static.minne.com/productimages/6657846/large/bad1fac50b38f1d01603edf443d7bd86c59b47eb.jpg?1433493565

今回は天然石ブレスレッドの簡単な作り方をご紹介しました!
自分で配置も工夫できますし、天然石ブレスレッドは材料も比較的簡単に手に入るので、ぜひ試してみてください!