D0lbrzhicwuhsrjcwu5g

料理

CATEGORY | 料理

サンマの栄養!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生さんまと缶詰の比較!

2018.09.01

秋の味覚を代表する「サンマ(秋刀魚)」。炭火で焼くと、じゅわ~っと脂が出てきて香ばしく、とても美味です。内臓も食べることができるサンマは、栄養も抜群なので子供にもおすすめ。そこでサンマの栄養や、子供にもおすすめの内臓の食べ方についてご紹介します。

目次

  1. はじめに~サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!
  2. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❶水揚げ日本一は?
  3. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❷栄養と効能は?
  4. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❸カロリーは?
  5. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❹内臓も食べられるの?
  6. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❺おすすめの食べ方は?
  7. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❻缶詰も栄養はあるの?
  8. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❼サンマ嫌いの子に「大根おろしアート」
  9. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❽レシピいろいろ
  10. まとめ~サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!

昨年まで不漁が続いていたサンマ漁ですが、今年は北海道の千島列島沖で、操業船が漁場で順番を待つほどに豊漁のようです。近年は中国や台湾の方々もサンマの塩焼きの美味しさに気づき、日本人と同じように楽しんでいるとか。資源が回復して多くの方たちが食べられるようになると良いですね。

それでは、サンマの栄養や美味しい食べ方などについてご紹介します。

関連記事

サンマは、日本では、北海道から九州にかけての日本海や東シナ海沿岸、北海道のオホーツク海沿岸、北海道から屋久島にかけての太平洋などの広い範囲で生息しています。日本での水揚げ最多は、北海道の根室漁港。今年は、根室市内での初値が1匹100円でスタートしました。

脂が乗り、内臓ごと食べるとちょっとほろ苦いのが、サンマの美味しいところ。そのサンマには栄養がたくさん含まれています。

まず、「タンパク質」。必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のタンパク質が多く含まれています。次に「鉄分」。貧血防止に効果のある鉄分は、女性や子供にたくさん摂ってほしい栄養素です。そして「ビタミンA」。粘膜を丈夫にしてくれます。「カルシウム」も多く含まれており、骨や歯の健康に欠かせないので、やはりたくさん摂りたい栄養素です。そして、カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDも多く含んでいます。

そしてよく聞くのが、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)。青魚では、サンマが一番多いと言われています。特に、育ち盛りのお子さんを持つ親御さんが気になるのがDHAではないでしょうか。頭が良くなるとわれている栄養素です。脳細胞にDHAが行き渡り、脳内の細い血管にも弾力を与える効果があるといわれています。また、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果もあるので、老若男女に効果的な食材です。

1 / 3