2018年09月01日 UPDATE

サンマの栄養!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生さんまと缶詰の比較!

秋の味覚を代表する「サンマ(秋刀魚)」。炭火で焼くと、じゅわ~っと脂が出てきて香ばしく、とても美味です。内臓も食べることができるサンマは、栄養も抜群なので子供にもおすすめ。そこでサンマの栄養や、子供にもおすすめの内臓の食べ方についてご紹介します。

目次

  1. はじめに~サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!
  2. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❶水揚げ日本一は?
  3. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❷栄養と効能は?
  4. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❸カロリーは?
  5. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❹内臓も食べられるの?
  6. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❺おすすめの食べ方は?
  7. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❻缶詰も栄養はあるの?
  8. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❼サンマ嫌いの子に「大根おろしアート」
  9. サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❽レシピいろいろ
  10. まとめ~サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!

はじめに~サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!

昨年まで不漁が続いていたサンマ漁ですが、今年は北海道の千島列島沖で、操業船が漁場で順番を待つほどに豊漁のようです。近年は中国や台湾の方々もサンマの塩焼きの美味しさに気づき、日本人と同じように楽しんでいるとか。資源が回復して多くの方たちが食べられるようになると良いですね。

それでは、サンマの栄養や美味しい食べ方などについてご紹介します。

関連記事

サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❶水揚げ日本一は?

サンマは、日本では、北海道から九州にかけての日本海や東シナ海沿岸、北海道のオホーツク海沿岸、北海道から屋久島にかけての太平洋などの広い範囲で生息しています。日本での水揚げ最多は、北海道の根室漁港。今年は、根室市内での初値が1匹100円でスタートしました。

サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❷栄養と効能は?

脂が乗り、内臓ごと食べるとちょっとほろ苦いのが、サンマの美味しいところ。そのサンマには栄養がたくさん含まれています。

まず、「タンパク質」。必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のタンパク質が多く含まれています。次に「鉄分」。貧血防止に効果のある鉄分は、女性や子供にたくさん摂ってほしい栄養素です。そして「ビタミンA」。粘膜を丈夫にしてくれます。「カルシウム」も多く含まれており、骨や歯の健康に欠かせないので、やはりたくさん摂りたい栄養素です。そして、カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDも多く含んでいます。

そしてよく聞くのが、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)。青魚では、サンマが一番多いと言われています。特に、育ち盛りのお子さんを持つ親御さんが気になるのがDHAではないでしょうか。頭が良くなるとわれている栄養素です。脳細胞にDHAが行き渡り、脳内の細い血管にも弾力を与える効果があるといわれています。また、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果もあるので、老若男女に効果的な食材です。

次にEPAです。血液をサラサラにし、血栓を予防してくれます。生活習慣病の動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの予防に効果を発揮してくれます。

サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❸カロリーは?

サンマのカロリーはどうでしょうか?脂がのったものは、カロリーがけっこう高いような気がします。お魚屋さんのサイトで分かりやすい記事がありましたのでご紹介します。

さんまを塩焼きにした場合、カロリーは「100gあたり約248キロカロリー」となります。1尾150gのさんまで100gあたり372カロリー。120 gのさんまなら、100gあたり297カロリーです。目安として、さんまの塩焼きが白米「約1.5杯」分と同じカロリーとお考えください。

さんまをお刺身で食す場合、カロリーは「100gあたり約310キロカロリー」となります。おおよその可食部を含め1尾150gのさんまで100gあたり約450カロリー。120 gのさんまなら、100gあたり360カロリーとなります。目安として、さんまの塩焼きが白米「約2杯分」分と同じカロリーとお考えください。

「塩焼き」と「刺身」では、約50キロカロリーの差があります。この理由は、焼くと脂肪分が落ち、カロリーが下がるからと考えられます。お刺身の場合は生で食べるので、脂肪分がそのまま吸収されるからでしょうか。カロリーは高めですが、身体にはとても良いので、たくさん食べて健康を維持しましょう!

サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❹内臓も食べられるの?

サンマは、内臓も食べられます。塩焼きにすると、とてもおいしくいただけます。「あのほろ苦い風味がたまらない」という方が多いのではないでしょうか。サンマには胃がなく、また腸が短いため餌がすぐ排出され、えぐみが少ないのが、程よい苦みの要因のようです。頭と尾、ひれ以外は食べられるのもサンマの魅力です。

最近はプラスティックによる海洋汚染が取り沙汰されていますが、海洋汚染物質は海底に沈殿すると言われています。サンマは海水面近くを泳ぐという点や、寿命は2年ほどなので汚染物質を吸収せず、影響はないとされています。安心して内臓ごと食べることができます。

サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❺おすすめの食べ方は?

おすすめの食べ方は、やはり塩焼きが一番と言えます。軽く塩を振って、炭火でじっくり焼きます。美味しそうな焼き方のサイトを見つけたのでご紹介します↓

さんまの塩焼きは「醤油をかけるか」「大根おろしがあるか」など、食べる状況によって必要な塩加減は変わってくるものですが、『さんま1匹に対して塩小さじ1/3(約2g)』が基本的なさんまの塩焼きの塩加減と考えてよいと思います。 その他、気をつけたいこととしては「できるだけさんまの中央の身の厚い部分は多めに振るようにこころがけ、両面に均一に塩をすること」です。※ちなみにさんまの重さが1匹200g弱くらいなので、2gでおおよそ1%の塩加減となります。

塩加減は大切です。サンマ一匹に対して塩は2g。つまり「ひとつまみ」です。いい塩梅ですね。

サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❻缶詰も栄養はあるの?

生のサンマを買ってくる時間がないという方は、安心してください。缶詰でも栄養は十分に摂れます。缶詰は、サンマを骨ごと煮ているため、カルシウムが多く含まれているといわれています。ほかの栄養素もまったく問題なく摂ることができます。時間がないときや旬でないときは、缶詰でOKです。サンマの栄養を摂って健康な身体づくりを目指しましょう!

サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❼サンマ嫌いの子に「大根おろしアート」

Bt0rztugvrcx19ajpdtt
引用: https://www.photo-ac.com/

サンマの料理は「塩焼き」が一般的ですが、子供は飽きてしまったり、なかには「きらい」という子もいるかもしれません。働くお母さんにすると、ちょっと大変ですよね。そんなときは3年ほど前に流行した「大根おろしアート」で子供の気を引きましょう!

でも多くの子供は、内臓が苦手のようです。その場合は、無理して食べさせる必要はありません。かえって子供の心理的負担になってしまいます。お肉の部分だけ食べさせてあげましょう。

サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!❽レシピいろいろ

サンマの手まりずし

Wmmvervzdimk0pttkykf
引用: https://www.bob-an.com/recipes/detail/16355

一口サイズの手まり寿司。新鮮なものが手に入ったらぜひお試しください。

サンマの甘露煮

Cchej1jlom37aknx7pc1
引用: https://www.bob-an.com/recipes/detail/16353

サンマを丸ごと食べられるお料理です。栄養効果抜群!

秋刀魚の竜田揚げ☆バルサミコマヨネーズで

Guxws3kriwmn0zxlku4y
引用: https://cookpad.com/recipe/4143674

サンマの洋風料理は、子供でもたくさん食べてくれそうですね。

関連記事

まとめ~サンマの栄養と効能!子供には内臓がいい?食べ方やカロリー、生サンマと缶詰の比較!

旬を迎えたサンマの栄養と効能、食べ方やカロリーなどについてご紹介しました。サンマは、とにかく万能食材の青魚。老若男女、毎日食べてほしい食品です。新鮮なものが手に入れば、手まり寿司やお刺身にしてもOKですし、もちろん塩焼きや甘露煮も。缶詰でも栄養効果はばっちりなので問題ありません。とにかく優秀な食材のサンマ。今年は豊漁のようですので、たくさん食べましょう!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E7%A7%8B%E5%88%80%E9%AD%9A&srt=dlrank&pp=70&p=4