Qn8b1ympmurx7teddess

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

【紅葉と楓】違いと定義は何?知っておきたい種類、区別の仕方をご紹介します!

2018.09.01

夏が終わればもうすぐ秋!紅葉の季節ですね。あれ、楓との違いって?今回はそんな紅葉と楓の違い、それぞれの定義や知っておきたい区別の仕方、種類や花言葉まで紹介したいと思います。観光で紅葉狩りをするときに、定義などを知っているだけでより楽しくなること間違いなしです!

目次

  1. 秋の代名詞「紅葉」と「楓」~定義の違いから観光地まで
  2. 紅葉と楓の定義の違い【基本編】
  3. 紅葉と楓の定義の違い【語源編】
  4. 紅葉と楓の定義の違い【種類編】
  5. 紅葉と楓の花言葉
  6. おすすめの紅葉狩り観光地
  7. 紅葉と楓の違いまとめ!
Nvpim2ptohhyrzvmuk5rm1nrnlfxyvv6env4agk2ufrjmmxpckdduuvnwnlmdgjsdtnpdk5gcw8wymriamzobhvhwmpgt0zodnhtcu9st1rnefjnue9eognhtnmyvkr4bxpvl2hoemhbaldyvlm5bu5scvhvuteyvk1vt1jqoelxshzdalo0n0d4wdc2rjc5t1zwogu1n0y3amhtau5zrxjyehz3bzhxtevov1oydk1taxnkly9nlzjtv1ftai9cq2rzshrsres5rjdweuhrvumwy1mzdz09
引用: http://img.kb-cdn.com/imgviewer/NVpIM2ptOHhYRzVmUk5rM1NrNlFxYVV6enV4aGk2UFRJMmxPckdDUUVNWnlmdGJsdTNpdk5GcW8wYmRIamZObHVhWmpGT0ZOdnhtcU9sT1RNeFJNUE9EOGNHTnMyVkR4bXpVL2hOemhBaldyVlM5bU5scVhvUTEyVk1vT1JQOElxSHZDalo0N0d4WDc2Rjc5T1ZWOGU1N0Y3amhtaU5zRXJYeHZ3bzhXTEVOV1oydk1taXNKLy9NLzJtV1FTai9CQ2RZSHRsREs5RjdweUhRVUMwY1Mzdz09

秋に紅く染まる山、日本人ならその光景に胸を打たれたことがあるのは一度や二度ではないはずです。外国人にも人気の、日本らしいイメージの一つです。ですがここで、「紅葉」と「楓」ってどのように使い分けるのか、と思いませんか?なんとなく使っているけど、厳密な区別ができる人はあまりいないでしょう。秋に向けて知っておきたいこのあたりの区別の仕方をご紹介します!

Girl question
引用: https://2.bp.blogspot.com/-VVtgu8RyEJo/VZ-QWqgI_wI/AAAAAAAAvKY/N-xnZvqeGYY/s800/girl_question.png

関連記事

まずは知っておきたい、最も基本的なことから紹介します。それは、「楓という植物のうち、特に色が変わるものが紅葉」ということです。つまり最も一般的な分類によれば、紅葉と楓は同じ植物を指しているということです。色が変わる楓を、紅葉と呼んでいるだけだったのです!したがって赤く染まった山をみて「楓が綺麗」と言っても間違いではありません。なんとなくしっくりきませんけどね!

38c1c2f2da6623bec5d6fdd8638dda01 1024x683
引用: http://anythingdic.net/wp-content/uploads/2015/09/38c1c2f2da6623bec5d6fdd8638dda01-1024x683.jpg

次はそれぞれの語源の違いについて説明します。これによって区別することもできますね。紅葉は、染料を揉みだす「もみづ」という言葉から来ています。カエデの葉が、染料が染み出したように染まっていく様子を「もみぢ」と呼ぶようになったという説が一般的です。一方楓は、その葉の形が蛙の手に似ており、「蛙手(かえるで)」から来ています。結構そのままですね。植物上の分類は同じですが、語源では大きく異なっています。

4799 1 e1502362671313
引用: https://mirailab.info/wp/wp-content/uploads/2017/08/4799-1-e1502362671313.jpg
Kaeru5 seitai
引用: https://1.bp.blogspot.com/-VRb0CqTiPc4/VMIthbA-mJI/AAAAAAAAqu0/9uy05Xg4l_0/s800/kaeru5_seitai.png

先ほど植物の分類上は区別がないと言ったものの、一応その種類によって区別することがないわけではありません。それは園芸や盆栽の世界です。園芸の世界では、切れ込みが深く多い種類をモミジ、そうでないものをカエデといいます。前者はイロハモミジ(下写真1枚目)やヤマモミジ、後者はトウカエデ(下写真2枚目)やイタヤカエデなどです。盆栽の世界では、葉が小さく切れ込みが深くて濃い赤に紅葉する種類をモミジ、葉の切れ込みが浅くてサイズが大きいものをカエデと呼びます。かなり専門的な話ですが、豆知識として知っておいて損はありません。この区別では、紅葉狩り眺めるような種類は、モミジということがよくわかりますね!

1 / 2