Rlnqyg3ftr4phmwqvcmm

スイーツ

CATEGORY | カテゴリー

羊羹ファンタジアは柄・味が変わる!口コミで評判の美しい美味しさ

2018.09.12

会津にある本家長門屋から販売されている羊羹ファンタジア。今までの羊羹の常識を覆し、切る度に柄や味が変わる見た目にも美しい羊羹です。口コミやSNSなどで話題になり、東京では通販で購入可能です。柄も味も変わる羊羹ファンタジアの魅力についてご紹介します。

目次

  1. 柄も味も変わる羊羹ファンタジアとは
  2. 柄も味も変わる羊羹ファンタジア【口コミ】
  3. 柄も味も変わる羊羹ファンタジア【購入方法】
  4. 柄も味も変わる羊羹ファンタジア【切り方】
  5. 柄も味も変わる羊羹ファンタジア【味の変化】
  6. 柄も味も変わる羊羹ファンタジア【まとめ】

創業1848年という歴史を持つ、会津にある本家長門屋。「会津の心をつなぐ菓子」というコンセプトを持つ本家長門屋から販売されている、羊羹ファンタジアは、最初の見た目は普通の黒い羊羹ですが、カットをすると、なんと切る度に出てくる絵柄が変化するという驚きの羊羹です。

写真のように、三日月が徐々に満月に向かい、更に鳥も三日月から満月に向かい羽ばたいていきます。景色も少しづつ夜に向かっている様を見事に表現されています。

切る厚みによっては、両端には月が出ていないこともあるそうですが、それもまた美しさの一つです。

Fly Me to The Moon

菓銘は〈fly me to the moon〉といい、ジャズの名曲Fly me to the moonから来ています。日本語直訳だと「私を月に連れて行って」という魅力的なタイトルです。

ジャズにふさわしく、味も洋風にシャンパンや鬼くるみ、レーズンなどが使われているので、紅茶にもあいます。更に、ワインとも相性が抜群です。

フォトジェニックで美しい見た目はすぐにSNSなど口コミが広がりました。更に、見た目だけではない味も美味しいとあってSNS等では大盛り上がりです。今までの羊羹の味わいや見た目を覆す、本家長門屋の技法に驚きの声ばかりです。

1/3

続きを読む