Gglmskjah6h37kwya6tq

子供

CATEGORY | 子供

秋の壁面作り方アイデア【9月・10月・11月】子ども保育や高齢者施設の壁飾りに

2019.02.06

壁飾りは子ども保育や高齢者施設の壁を明るくしてくれますが、秋の壁面の作り方ってどうすればいいのか分からない...今回はそんな方向けに秋の壁面の作り方アイデアをご紹介します。秋にぴったりの壁面アイデアをまとめました!ぜひ参考にしてみてくださいね。9月、10月、11月におすすめです。

目次

  1. 壁面装飾って必要?
  2. 【秋の壁面作り方アイデア】子ども保育の壁面作りのポイント
  3. 【秋の壁面作り方アイデア】高齢者施設の壁面作りのポイント
  4. 【秋の壁面作り方アイデア】9月の子ども保育におすすめは?
  5. 【秋の壁面作り方アイデア】10月の子ども保育におすすめは?
  6. 【秋の壁面作り方アイデア】11月の子ども保育におすすめは?
  7. 【秋の壁面作り方アイデア】9月の高齢者施設におすすめは?
  8. 【秋の壁面作り方アイデア】10月の高齢者施設におすすめは?
  9. 【秋の壁面作り方アイデア】11月の高齢者施設におすすめは?
  10. 【秋の壁面作り方アイデア】まとめ

幼稚園や保育園ではお馴染みの壁面製作ですが、そもそも必要なのでしょうか?壁面装飾は季節感のある環境作りとして必要です。また、壁面装飾があるだけで保育室が明るくなり楽しい気分になることができます。子どもたちもまた壁面装飾を作ることでさまざまな色や形でいい刺激になり発想力が豊かになります。

壁面装飾は必要ないという意見も…

壁面装飾があるだけで保育室が明るくなり楽しい気分になりますが、毎回作るのは大変だし考えるのが面倒…という意見も多くあります。壁面装飾はできるだけ手間なく簡単に作ることができるものがいいですね。

子ども保育の壁面装飾は保育室を明るくし子どもたちの成長にも大きな役割を果してくれます。そのため壁面作りは重要です。今回は子ども保育の壁面作りのポイントについてご紹介します。

季節感を出す

壁面作りに大切なことは、季節感を出すことです。季節感を出すことで子どもたちが季節の特徴であったり出来事について学ぶことができます。また興味を持つことにもつながります。

装飾しすぎない

壁面に装飾をしすぎてしまうとごちゃごちゃしてしまいます。壁面の装飾が多すぎると壁面が騒がしい印象になってしまい、また汚く見えてしまいます。そのため保育室の壁面に装飾する場合はあまり装飾しすぎないように気をつけることが大切です。

分かりやすくする

壁面の作り方で気をつけるポイントは分かりやすくすることです。子どもたちに興味を持ってもらうためにはシンプルで分かりやすくする必要があります。凝りすぎてしまうとそれが何か子どもたちにとっては分からなくなってしまい興味がなくなってしまいます。子どもたちに興味を持ってもらうためには、分かりやすくシンプルに作るよう心がけましょう。

最近では高齢者の施設でも壁面の装飾をするところが増えてきています。高齢者の施設では職員が作るものもありますが、入所している高齢者の方が作っている場合も多く、また職員と高齢者が一緒になって壁面を飾るという施設もでてきています。高齢者の施設での壁面作りのポイントについてご紹介しましょう。

高齢者施設でも季節感が大切

高齢者施設でも子どもの保育室と同じく季節感を意識して作ることがポイントです。テーマがないとどうしても壁面作りは大変で面倒です。季節感に意識すると自然とアイデアも出てきますので、高齢者の施設でも季節感のある壁面作りを心がけるようにするといいですね。

1 / 4