2018年08月18日 UPDATE

紐の編み方!簡単でおすすめ!ブレスレットなどのアクセサリーも

この記事では、紐のおすすめで簡単な編み方やブレスレットなどのアクセサリーを紹介します。 2本、4本、1本、3本、和風の紐のおすすめで簡単な編み方などをご紹介! 紐の編み方を知りたいと思っている人はぜひこの記事がおすすめです。

目次

  1. 紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![紐の編み方]
  2. 紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![簡単な方法]
  3. 紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![おすすめの方法]
  4. 紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![1本の紐での編み方]
  5. 紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![2本の紐での編み方]
  6. 紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![4本の紐での編み方]
  7. 紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![ブレスレット]
  8. 紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![アクセサリー]
  9. 紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![和風や3本]
  10. 紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![紐編み方まとめ]

紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![紐の編み方]

747e852ba67f8e6173ca1e3daab02ff9
引用: https://i.pinimg.com/564x/74/7e/85/747e852ba67f8e6173ca1e3daab02ff9.jpg
紐の編み方には、何通りもの編み方があります。編み方次第で、ブレスレットやアクセサリーを紐で編み作ることが出来ます。紐を編むには、手先が器用な人の方が向いていますが、手先があまり器用ではない人でもしっかり手順通りの編み方をすれば紐を編むことが出来て、上達すればブレスレットやアクセサリーを作ることが出来るようになります。
Ec784cc96c4213dffd50003460444fff
引用: https://i.pinimg.com/564x/ec/78/4c/ec784cc96c4213dffd50003460444fff.jpg
そのためには、まず基本の紐の編み方をしっかりと覚える必要があります。いきなり何かを編もうと思っても基本が出来ていなければ何も編むことは出来ないです。基本が出来てこその編み物という考え方を念頭に置いておきましょう。基本がしっかりと出来たら、簡単なブレスレットやアクセサリーに挑戦してみると良いです。
00a353bb28dbb27f9e40ba63d25402e8
引用: https://i.pinimg.com/564x/00/a3/53/00a353bb28dbb27f9e40ba63d25402e8.jpg
今回の記事では、紐の編み方やブレスレット、アクセサリーなどを紹介します。少しでも紐の編み方を知って、色々な編み物が出来るようになりましょう。最初は色々と手こずることがありますが、それも紐を編むには乗り越えなければならない試練と考えると良いです。少しでも紐の編み方を知って入れば、何かに役立つことがあることでしょう。例えなかったとしても、知っているということはとても大切なことです。

関連記事

紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![簡単な方法]

紐の編み方の簡単な方法は、紐を2本用意して紐をクロスさせながら結んでいく方法が、一番簡単編み方になります。ただひたすら紐をクロスさせながら結んでいくことで、だんだんと形が形成されていきます。この編み方で大事なのは、クロスをしっかり等しくさせることです。
片方の紐が長かったり、短かったりすると形の形成のバランスがおかしくなります。綺麗に紐を編みたいなら2つの紐を等しくクロスさせながら紐を編むようにしましょう。この紐の編み方は、初歩的な編み方なので、しっかり覚えておくと良いです。この編み方を基本として、色々な編み方と組み合わせることで初めて編み物が完成します。

紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![おすすめの方法]

一番おすすめの紐の編み方は、平結びです。この編み方は、ミサンガなどに用いられる紐の編み方になります。使用する紐は3本ですが、実際に編むのは2本の紐になります。1本の紐を真っ直ぐ中心に置いて、その中心の紐を軸にして残りの2本の紐を両側に配置してクロスさせながら紐を編んでいきます。
この時、しっかりと中心の紐がずれないように、セロハンテープなどで固定しておきましょう。この編み方は、簡単な方法でも説明をしたクロスさせて紐を編む方法です。ポイントは、説明した通り、しっかりクロスさせるというところです。
このクロス具合によって編み物の強度が変わってきます。しっかりクロスできていれば、強度の強い編み物になり、クロスがあまり良くないと強度の弱い編み物になってしまいます。そのあたりをしっかり意識しながら平結びを行いましょう。

紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![1本の紐での編み方]

1本での紐の編み方は、ただ単純に紐を輪っかに通して編むという方法になります。この編み方はつゆ結びなどに当てはまります。これも初歩的であり基本的な紐の編み方になります。紐で丸い輪っかを作り、その輪っかの中に紐を通して編みます。これは普通に紐を結ぶ時に用いられる方法です。
この紐の編み方は、小さな輪っかの中にしっかり紐を通すということが大事になってきます。ここでよく手先が器用な人とそうでない人に分かれます。手先が器用な人は、すぐに輪っかに紐を通せますが、そうでない人は、結構な時間がかかります。この編み方は、誰でも出来る簡単な編み方なのでしっかりと覚えておきましょう。

紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![2本の紐での編み方]

2本の紐での編み方は、平結びや左右結び、ねじり結びなどがあります。紐は合計で3本の場合が多いですが、その内の1本はただ、中心に置いて置くだけなので実質的には2本の紐で編んでいくということになります。この3つの結び方は、簡単とは言えませんが、決して、難しくはない結び方になります。
この3つの結び方を覚えるだけで、編み物のバリエーションやクオリティーが格段に上がります。編み物は、いくつかの編み方によって形成されています。編み方が多く知っていて、その編み方をしっかり出来るようになれば自然とクオリティーの高い編み物を作り上げることが出来ます。

紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![4本の紐での編み方]

4本の紐での編み方は、四つ編みがあります。ブレスレットによく使われる編み方です。この四つ編みを覚えられれば、紐の編み方は完璧と言っても過言ではないです。そして、この四つ編みを覚えられた時、この四つ編みを駆使してブレスレットやアクセサリー、その他の編み物など色々な物を作ることが出来ます。
四つ編みだけ覚えるという手もありますが、何度も言うように、編み物は色々な紐の編み方を駆使することで、クオリティーの高い物を作り上げることが出来ます。四つ編みだけ覚えるという考え方も良いですが、出来ればその他の編み方も覚えることをおすすめします。特に、基本的な編み方だけはしっかりと覚えておきましょう。

紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![ブレスレット]

ブレスレットを編む場合は、四つ編みが適しています。とても強度の強い編み方になるので、ブレスレットには持ってこいの編み方になります。また、ブレスレットを作るなら、使う紐も太くて頑丈なものにすると良いです。あまり細いといくら編み方が頑丈でもブレスレットとは言い難いものになります。

紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![アクセサリー]

アクセサリーを作るなら、菊結びやあわじ結び、猿のこぶし結びなどが適しています。菊結びは、菊の花を模した結び方になります。あわじ結びは、まるで波打っているような結び方になります。そして、猿のこぶし結びは、紐の先端に球体を作る結び方になります。どれもアクセサリーには持ってこいの結び方なので、覚えておいて損はないでしょう。

紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![和風や3本]

編み方には、和風の雰囲気を感じさせる編み方があります。菊結びはやあわじ結びがそれに当てはまります。とても日本的で和風の編み方と言えるでしょう。さらに、1本、2本、4本と編み方を紹介してきましたが、3本の編み方を紹介していないので、3本の編み方を紹介しますが、3本の編み方は、ぐるぐる巻きがあります。その名の通り、ただ紐をぐるぐると編むだけの単純な編み方になります。

関連記事

紐の編み方!簡単でおすすめ!1本2本4本!ブレスレットやアクセサリー!和風や3本も![紐編み方まとめ]

Ll3bhhqhnlexyxunki0c
この記事では、紐の編み方やブレスレット、アクセサリーについて紹介しましたが、少しは紐の編み方などを知ることが出来たことでしょう。紐を編むことが出来るようになれば、自分で編み物を作れるようになります。自分で編み物を作れれば、ブレスレットやアクセサリーにお金を費やす必要も減ってくるでしょう。
しかし、それはあくまでもクオリティーの高いものが出来た場合の話になります。クオリティーの高くないものを身につけるということないので、この記事をしっかり読んで少しでもクオリティーの高い編み物が出来れば、この記事を書いた甲斐があるということでしょう。紐の編み方を覚えて色々な編み物を作りましょう。