2018年08月09日 UPDATE

カラオケの歌い方まとめ!【簡単】男が高得点・高音を出しやすい歌い方って?

大人気のカラオケ、定番のプレイスポットです。上手な歌い方で高得点をだす男性も多いですね。声の出し方で、地声も高音も変わるとか。歌い方がわからない方、変な音程になってしまう方への情報。今回は、カラオケで男性が高得点をだすポイントのご案内です。

目次

  1. カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点1「頭に響かせるように」
  2. カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点2「鼻づまりはNG」
  3. カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点3「腹式呼吸」
  4. カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点4「エコーを利用」
  5. カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点5「自分の声域で」
  6. カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点6「強弱をつけて」
  7. カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点7「楽しく歌おう」
  8. カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点8「呼吸筋を鍛える」
  9. カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点9「知らない歌は歌えない」
  10. カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点10「本気ならトレーニングを」
  11. 高得点をゲットして、皆さんからも注目の的

カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点1「頭に響かせるように」

【声の出し方がわからない、地声や高音が変になる、歌い方が変わるポイントをマスターしましょう】カラオケ苦手で上手に歌えない。でも、突然上達してカラオケ好きになった人って、案外いるんですよね。これは、テクニックのようなものでなく、感覚的にコツを掴んだ人に見られます。こんな感じで歌ったら、自分的に気持ちよく歌えたとか、音楽に乗りやすかったなんて時に、何かを掴むんですよね。

歌を歌う時は、 声を頭に響かせる様に歌いましょう。 このイメージを持つと、 かなり上手に歌う事が出来ます。 頭の後ろの方から声を出して、 その声を頭で響かせる。 イメージするのはたったコレだけです。 高音が出やすくなり、 声も響きわたります。

カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点2「鼻づまりはNG」

【声の出し方がわからない、地声や高音が変になる、歌い方が変わるポイントをマスターしましょう】風邪を引いた時は、カラオケはお休みしましょう。特に鼻が詰まっていると、スムーズな呼吸が出来ないので、音程も狂ってしまいます。しっかりと、鼻の詰まりを直してからカラオケを楽しみましょうね。

高い声がスムーズに出ると、 それだけで歌が上手く聞こえます。 そして、高い声をスムーズに出すには、 鼻づまりを無くすのがとても重要なのです。 高い声は、喉と鼻の空気を循環させる事で出ます。 鼻づまりが起きていると、 空気の循環が出来ないので、 上手に高い声が出ません。 なので鼻づまりは徹底的に解消しておきましょう。

カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点3「腹式呼吸」

【声の出し方がわからない、地声や高音が変になる、歌い方が変わるポイントをマスターしましょう】 スポーツや武道、健康に関する運動など、呼吸法はとても重要です。歌を歌うのも同じで、上手く歌うためには腹式呼吸が最適です。充分な呼吸ができますので、思い切って声を出すことができます。

歌を歌う時は、 腹式呼吸で歌いましょう。 腹式呼吸で歌う事ができると、 かなり声量がアップします。 声量がアップすると、 それだけで上手に聞こえます。 また、歌に感情がこもりやすくなるので、 聞いている人が魅了されやすくもなります。 腹式呼吸を取り入れると、 良い事だらけなのです。

カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点4「エコーを利用」

【声の出し方がわからない、地声や高音が変になる、歌い方が変わるポイントをマスターしましょう】お世辞でも上手いとは言いがたい方にとって、エコーは最大の武器ですよね。少々の音程の悪さやアラを隠してくれるので、適度なエコーを効かしてカラオケを楽しみましょう。

大体のカラオケ屋さんは、 エコーの響き方を調整出来る様になっています。 歌を上手に歌う為に、 エコーを通常よりも響く様にしましょう。 カラオケ屋で言うと基準値よりも、 10程度アップさせるのがオススメ! エコーが響く様になれば、 歌が下手くそであっても、 なんだか上手に聞こえるんです! 裏技的テクニックなので、 是非試してみて下さい!

カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点5「自分の声域で」

【声の出し方がわからない、地声や高音が変になる、歌い方が変わるポイントをマスターしましょう】無理な高音や低音の歌を歌っても、聞き苦しいだけで上手には歌えません。歌を歌う時の基本事項は、自分の声域を分かった上で、その範囲内で歌える歌を歌うことです。いくら好きな曲でも、声域外の音を出すのは無理だと諦めましょう。

声域に合わない歌を歌うと、 キーを外してしまうかもしれません。 キーを外してしまうと、 歌が下手くそに聞こえてしまいます。 歌が上手い人は、 声域に合わない歌は歌いません。 無理せず歌う事が、 自分の歌を上手くする秘訣なのです。

関連記事

カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点6「強弱をつけて」

【声の出し方がわからない、地声や高音が変になる、歌い方が変わるポイントをマスターしましょう】1曲の歌を歌っても、抑揚がない歌い方だと、歌にメリハリを感じず上手に聞こえません。そこで、音に強弱をつけて歌うと、曲の中でも盛り上がりができて、聞いていても気持ちよくなりますね。

歌を歌う時は、 声の強弱を意識してみて下さい。 声に強弱をつける事が出来れば、 更に声量がアップした様に感じます。 また、聞いている人も、 声に聞き入りやすくなります。 自分の声量が大きいと感じる人は、 声の強弱を意識すれば、 かなり歌が上手になる筈です。

カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点7「楽しく歌おう」

【声の出し方がわからない、地声や高音が変になる、歌い方が変わるポイントをマスターしましょう】カラオケは楽しんで歌うものです。楽しそうに歌うからこそ、聞いている人も心が弾んで楽しくなるのです。嫌々のカラオケは、周囲の人のも失礼ですので、遠慮しておきましょう。上手でも下手でも、楽しく歌うのがカラオケです。

どれだけ歌が上手くても、 つまらなそうに歌えば上手くは感じません。 逆に、歌が下手でも、 楽しそうに歌っている人は上手に感じます。 「音楽」は「音」を「楽しむ」と書いて音楽です。 折角歌を歌っているんですから、 思い切り楽しんで歌いましょう!

カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点8「呼吸筋を鍛える」

【声の出し方がわからない、地声や高音が変になる、歌い方が変わるポイントをマスターしましょう】カラオケは好きだし、もっと上手に歌いたい。そう思うなら、まず呼吸に関わる筋肉を鍛えるように努力してみてはいかがでしょう。声は音の出し入れ、筋肉が大きく影響します。無理せずに、鍛えることを続ければ、安定した音程をゲットできますね。

アスリートが筋肉を鍛えるように、歌を歌うときに使う筋肉も歌うことで鍛えられていきます。 使われるのは呼吸筋と言われる部分です。鍛えられるのはのどを動かす(声帯につながる)輪状甲状筋と、呼吸をする際に胸部の拡大・収縮を行う横隔膜です。 筋肉は使わないとどんどん痩せていってしまいますので、定期的に使うことが必要です。

カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点9「知らない歌は歌えない」

【声の出し方がわからない、地声や高音が変になる、歌い方が変わるポイントをマスターしましょう】歌を上手に歌う基本の1つ。知らない歌は歌うことができません。カラオケで披露するなら、何度も聞き込んで、しっかり曲を覚えて練習をしておきましょう。

どんな曲(メロディ、リズム、歌詞)なのかを正確に把握できていないため、音程が取れていないタイプです。 曲を何度も聴き、何度も歌い、それを録音して自分の声を聞きましょう。 一人で練習したい方にはmusic.jpのアプリがオススメです。カラオケのように歌に合わせて歌詞が表示されます。 またiOSアプリにはボーカルだけ消して練習したり、自分の音域に合わせてキーを変えることのできる機能も付いています。

カラオケ好きな男性、歌い方を極めて高得点10「本気ならトレーニングを」

【声の出し方がわからない、地声や高音が変になる、歌い方が変わるポイントをマスターしましょう】マジで歌を上手になりたいのなら、きちんとトレーニングをしましょう。ボイストレーニングや音楽教室など、様々な施設があります。「そこまでは」なんて方なら、ネットのアプリでもトレーニング用のものがあるそうですよ。

本気で上手くなりたいのであれば、週3~4回は一度に30分から1時間程度の自主トレを、週1回はボイストレーナーをつけて練習することをオススメします。 カラオケで練習する場合、DAMのボイストレーニングメニューは、メロディーやリズム、ビブラートの訓練に最適です。また《DAMとも》に会員登録をすれば自分の歌唱を録音できるようにもなります。

関連記事

高得点をゲットして、皆さんからも注目の的

今回は、カラオケで高得点をたたき出すテクニックなどのご案内をさせていただきました。正しい歌い方をマスターして、しっかりと歌い込み、少しずつ得点をアップしていきましょう。