Gac33eqt2p9tuw5lpurw

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ベビーパウダーおすすめ厳選【2018】赤ちゃんから大人まで使い方も様々!

2018.08.08

【2018年ベビーパウダーおすすめ厳選】赤ちゃんのあせも防止や、大人のメイク仕上げなど様々な使い方ができるベビーパウダー。ピジョンや資生堂など、2018年おすすめのベビーパウダーを厳選してお届けします。使用の際の注意点、並行輸入品の危険性についてもご紹介。

目次

  1. 赤ちゃんから大人まで!ベービーパウダーの使い方
  2. 赤ちゃんから大人まで!【2018】おすすめ厳選ベビーパウダー!定番のピジョンや資生堂など
  3. 赤ちゃんから大人まで!【2018】おすすめ厳選ベビーパウダー①ピジョン 薬用ベビーパウダー(弱酸性)
  4. 赤ちゃんから大人まで!【2018】おすすめ厳選ベビーパウダー②ピジョン 薬用ベビーパウダー ブルー缶
  5. 赤ちゃんから大人まで!【2018】おすすめ厳選ベビーパウダー③ピジョン 薬用固形パウダー パフ付
  6. 赤ちゃんから大人まで!【2018】おすすめ厳選ベビーパウダー④ベビー 資生堂ベビーパウダー(プレスド)
  7. 赤ちゃんから大人まで!【2018】おすすめ厳選ベビーパウダー⑤和光堂 シッカロールナチュラル
  8. 赤ちゃんから大人まで!【2018】おすすめ厳選ベビーパウダー⑥和光堂 シッカロールキュア
  9. 赤ちゃんから大人まで!【2018】おすすめ厳選ベビーパウダー⑦ジョンソン ベビーパウダー プラスチック容器
  10. ベビーパウダーを使用する時の注意点
  11. ベビーパウダーを活用しよう

赤ちゃんのあせもやおむつかぶれ対策を目的としたベビーパウダー。赤ちゃんのいる家庭では、お風呂上りやおむつ替えの時にベビーパウダーを使っている人も多いのではないでしょうか。赤ちゃん用に使うものというイメージのあるベビーパウダーですが、大人も様々な使い方でベビーパウダーを活用することができるんです。

大人も使える!ベービーパウダーの使い方①あせも防止

赤ちゃんはもちろん、大人もあせも防止にベビーパウダーを使うことができます。ベビーパウダーは汗や皮脂を吸収して肌をサラサラに保ち、衣服との摩擦から肌を守ってくれるのであせも・かぶれの防止に効果的なんです。

大人も使える!ベービーパウダーの使い方②ベースメイクに使う

大人のベビーパウダーの使い方として、ベースメイクに活用する方法があります。ファンデーションの代わりに使うのも良いですし、ベースメイクの仕上げにベビーパウダーを使うのもおすすめです。ファンデーションよりも肌への負担が少なく、皮脂を吸収してくれるのでメイク崩れやテカり防止に効果を発揮します。

大人も使える!ベービーパウダーの使い方③アイメイクに使う

ベビーパウダーはアイメイクにも活用できます。アイシャドウベースとして使えばアイシャドウのヨレの防止に。またマスカラを塗った後にまつ毛にベビーパウダーを軽くつけ、再度マスカラを塗るとまつ毛がボリュームアップするんです。アイメイクに使用する際はベビーパウダーが目に入らないよう気を付けてくださいね。

大人も使える!ベービーパウダーの使い方④ドライシャンプーとして使う

ベビーパウダーはドライシャンプーとしても活用できます。よくブラッシングした髪にベビーパウダーをつけ、白さが無くなるまでブラッシングします。頭皮のべたつきや前髪のべたつきを抑えてサラサラの髪に仕上げてくれます。お出かけ前にベビーパウダーを前髪や額に軽くつけておくと前髪がべたつくのを防ぐこともできますよ。

関連記事

1 / 4