Txckzdjskybubgkn0zx1

レシピ

CATEGORY | カテゴリー

フードコンテナの使い方!サラダ・スープ入りの夏のお弁当に活躍!?

2018.08.05

今回は、ブログなどSNSでも話題のフードコンテナの使い方とおかゆなどのレシピをご紹介します。冬のお弁当にはもちろん、夏にも活躍します。サラダやスープを入れたり、夏の登山の際にもおすすめです。おすすめのお弁当レシピや使い方までフードコンテナのあれこれを一挙ご紹介ていきますね!

目次

  1. ブログなどSNSで話題!夏のお弁当にフードコンテナレシピと使い方【サラダ・スープ・おかゆまで!】フードコンテナって?
  2. ブログなどSNSで話題!夏のお弁当にフードコンテナレシピと使い方【サラダ・スープ・おかゆまで!】使い方
  3. ブログなどSNSで話題!夏のお弁当にフードコンテナレシピと使い方【サラダ・スープ・おかゆまで!】お手入れ方法
  4. ブログなどSNSで話題!夏のお弁当にフードコンテナレシピと使い方【サラダ・スープ・おかゆまで!】おすすめフードコンテナ
  5. ブログなどSNSで話題!夏のお弁当にフードコンテナレシピと使い方【サラダ・スープ・おかゆまで!】①おかゆ
  6. ブログなどSNSで話題!夏のお弁当にフードコンテナレシピと使い方【サラダ・スープ・おかゆまで!】②サラダ
  7. ブログなどSNSで話題!夏のお弁当にフードコンテナレシピと使い方【サラダ・スープ・おかゆまで!】③スープ
  8. ブログなどSNSで話題!夏のお弁当にフードコンテナレシピと使い方【サラダ・スープ・おかゆまで!】④パスタ
  9. ブログなどSNSで話題!夏のお弁当にフードコンテナレシピと使い方【サラダ・スープ・おかゆまで!】⑤デザート
  10. まとめ

温かいものを温かく、冷たいものを冷たく保つことができる

「フードコンテナ」とは、食品を入れる容器のことです。タッパーなどもフードコンテナに含まれますが、今回ご紹介するのは、お弁当箱の代わりになるフードコンテナです。保冷・保温効果のあるフードコンテナは、ご飯やスープを温かいままランチタイムまで保つことが出来ます。温かいものを温かいまま、冷たいもの
を冷たいまま、お弁当でも食べれるのは幸せですよね。

登山に行かれる際にもかなりおすすめです。登山だと、スープや温かいものを山の上で用意するのは、なかなか大変ですが、これなら朝にお家やロッジで用意したものを、温かいまま食べることができます。登山好きには、素敵なアイテムです。

フードコンテナで料理まで完成する

なんと、フードコンテナの中には、具材を入れて数時間放置しておくだけで、料理が完成するものがあります。これなら、忙しい朝でも、具材をほりこんでおくだけで、ランチタイムには、ご飯が完成しています。これは、忙しい主婦や学生の方にも、ありがたいですよね。

汁漏れの心配がない

お弁当箱だと、フルーツの汁漏れなどが気になりますよね。しかし、フードコンテナだと、真空になっているため、汁漏れの心配もありません。

関連記事

使い方はとても簡単で、食材を入れておくだけです。しかし、温かいものを、最大限に温かいまま保つためには、ちょっとしたコツがあります。特に、登山の際など、頂上では、できるだけ熱々で食べたいですよね。

食材を入れる前に、フードコンテナを温めておきましょう

温かいスープを入れて、最大限に温かいまま数時間保つには、食材を入れる前に、熱湯などでフードコンテナを温めておきます。

また、冷たいものを入れる際も同様、氷などで、フードコンテナを冷やしてから、食材を入れるようにします。

熱々のまま入れるようにしましょう

保温効果の高いフードコンテナでも、時間がたつにつれて、温かさは減少していきます。ですので、熱々のスープなどを入れても、食べる時にはちょうど良い温かさ
担っていることも多いです。

ただ、フードコンテナを温める際や、熱々のものを入れる際には、火傷に十分に気をつけてくださいね。

1/5

続きを読む