Zrqahtlg3r8u1amsujvk

TV

CATEGORY | カテゴリー

DVDレコーダーおすすめランキング【2018】人気で安い選び方!一人暮らし向け

2018.07.17

2018年BD・DVDレコーダーの安い低コスパランキングを比較してご紹介します。一人暮らし向けなど使用用途での選び方やメーカーからの選び方などもざっくりまとめているので初心者にもおすすめです。2018年でおすすめのBD・DVDレコーダーランキングも!

目次

  1. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング!選び方~人気メーカー比較やランキングまで!
  2. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【選び方①:まず自分が何がしたいのかを明確に】
  3. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【選び方②:メーカーで比較する】
  4. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【人気メーカー比較①:パナソニックの特徴】
  5. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【人気メーカー比較②:ソニーの特徴】
  6. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【人気メーカー比較③:シャープの特徴】
  7. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【コスパの良さランキング第1位:DMR-BRW1020】
  8. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【コスパの良さランキング第2位:BDZ-ZW1500】
  9. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【コスパの良さランキング第3位:BD-NW1200】
  10. まとめ
Aidiwkjfae6iksyrooso

バラエティやテレビドラマのファンやTVユーザーとして最大の魅力があるガジェットと言えばBD・DVDレコーダーではないでしょうか。レコーダーというのは録画できる機能を持ったAV機器ですね。仕事中やどこか旅先でTVが見れない時に録画できるレコーダーはTVファンにとっては心強い味方ですよね。

Kqdzeqvzfbmbzpdgye9c

バラエティ番組を録画、ドラマを録画、音楽番組を録画したい人は多くいると思います。近年では録画機能は充実していて、映像が美麗で、wifiやLANケーブルを使ってネット接続をしスマホなどで遠隔録画したりすることもでき、機能が充実しています。しかし、ガジェットというのは便利な分素人には専門用語が多すぎて、機械音痴だとなおさらちんぷんかんぷんで選び方も難しいのがデメリットですよね。

Tt8ywjqsqfl3iamnnf3s

そこで今回はBD・DVDレコーダーを選ぶのが苦手な人にざっくりと選び方を教えます。よくあるのが一人暮らしをしているにも関わらず変な機能をつけすぎてオーバースペックを選んでしまうといったことがあるようですね。BD・DVDレコーダーで実売りデータを集計している「BCNランキング」から比較的安すくてコスパがよく初心者入門に良さそうなレコーダー製品を個人的な主観でランキング形式で紹介していきます。ちょっとした選び方とメーカー別の比較をしていきます。メーカーには様々な特徴があるのでそれを知った上で選ぶというのも選択肢の一つになるでしょう。

関連記事

Vvm4y2bruk1h70gqukz1

まず自分がBD・DVDレコーダーで何がしたいのか明確にしましょう。例えばBDとDVDを再生したいだけであればレコーダーではなく再生機を買えば良いですよね。一人暮らしなら同時録画機能のチューナー数は少ない数でいいですよね、といった具合に絞っていきます。

内蔵ハードディスクの容量での選び方【バイト数】

G5gy6fiem9bv09sfntgg

容量での選び方では「自分はどのくらいTV番組を録画したいのか」とかで考えると良いでしょう。多めなら保存容量が多いものを選べばいいですよね。最近では500GB~7TBレベルの容量が多い物が存在ます。ただし、容量が高くなっていく分値段も比例して高くなります。ここ最近では、メーカー製だと500GBが一番少ない容量が多いですね。

機能面での選び方

Edxckykfvh4j3f3jgrdk

機能面での選び方としては、「別にBDいらねえしDVDだけでいいや」とか考えている人もいるかも知れません。「BDやDVDともに録画できるものがあればいいな」などや「ダビング機能の有無は?」などと明確に絞っていきましょう。録画機能なら外出先からスマホ一つでwifiを使って録画できる機能があったら便利ですよね。自分がスマホやインターネットユーザーで動画再生サービスなどを使いたいとなったらそれも確認することがおすすめです。

レコーダーの利用頻度を考える【チューナー数】

レコーダーを買った時にそのレコーダーを利用する人数や利用頻度で選ぶのもありですね。例えば自分が一人暮らしなら「5番組同時録画」とかいらないですよね。この同時録画数は"チューナー数"とも呼ばれます。

Tnmbhkbcs7huclufwmmp

自分が一人暮らしならチューナー数は少なめにとかにしてもいいでしょう。家族と録画がかぶる可能性がいくつかあればチューナー数は多めでといった感じですね。チューナー数が少ないともちろん値段も安いです。しかし、チューナー数が高くなるにつれ値段が高くなります。

1/5