U28tgbt2k54kidsieogn

タイミング

CATEGORY | タイミング

結婚式欠席のお祝いを渡すタイミングは?【お呼ばれマナー】金額や注意点は?

2018.07.05

思わぬ用事で結婚式欠席のお知らせをする事があります。結婚式欠席の際、お祝いはいつ渡すのがいいのでしょうか。その時に守りたいマナーや金額、お祝いのタイミングなどをご紹介します。今回はお呼ばれマナーと一緒に添えたいメッセージもご紹介します。参考にしてみてください。

目次

  1. お呼ばれした以上マナーは守りたい
  2. 結婚式欠席のお祝い・お呼ばれマナー【タイミングはいつ?】
  3. 結婚式欠席のお祝い・お呼ばれマナー【金額はどうする?】
  4. 結婚式欠席のお祝い・お呼ばれマナー【お祝いを渡す時のメッセージ】①気持ちはメッセージにこめて
  5. 結婚式欠席のお祝い・お呼ばれマナー【お祝いを渡す時のメッセージ】②カードも一工夫
  6. まとめ・マナーを守ってお互い気持ちよく
Bgxku4mhxqsewbp7l3x8

おめでたい席である結婚式。誰もが新郎新婦の幸せを祈っています。しかし仕事上の急な予定変更などで、結婚式を欠席してしまうこともあります。こんな時にあなたならどうしますか?結婚式欠席のお祝いをどんなタイミングで渡せばいいのか悩んでしまうと思います。また金額やお呼ばれした時のマナーも考えに入れておかなければいけません。

こんな時にどういうメッセージを添えるかでも印象は変わってきます。お呼ばれした以上マナーは守りたいものです。今回はこの結婚式欠席のお祝いを渡す時のマナーについてご紹介していきます。

Lbw2ufxclx0qthrn9hxi
Ecjifsfb7mtdzhqriqgp

結婚式欠席が決まったら、お祝いを必ず別のタイミングで渡さなければいけません。その時に一体いつ渡せばいいのか、分からなくなることがあると思います。一般的には結婚式の当日よりも前にお祝いを渡すのがマナーです。しかしあまり結婚式当日に近づきすぎると新郎新婦はとても慌ただしくなっています。そこにお祝いが届くと、新郎新婦の負担となってしまうこともあります。

結婚式欠席が決まったら、すぐにでもお祝いを渡したいという旨を伝え、いつ送ればいいのか本人たちに聞いてみるのが一番確実です。機会を逃してしまうと、お祝いを渡すタイミングが後になってしまったりして失礼な事態になりかねません。マナーを欠かないように、なるべくすぐ手配しましょう。

結婚式欠席のお祝いを物ではなく現金で渡す場合、通常の相場は1万円となっています。親しい人ならもう少し上乗せすることもあるかもしれませんが、それよりも当日に祝電を送る方が喜ばれるでしょう。しかし結婚式御出席すると返事をしてしまった後で、急な用事で欠席してしまうこともあります。

その場合は、参加した時に包む額と同じ金額を包みましょう。金額は高すぎず安すぎずがマナーです。お呼ばれした時に渡すのが一番ベストなのですが結婚式を欠席してしまう場合、そうもいきません。

タイミングがあっていても金額が相場と違っていると向こうの負担にもなりかねません。お祝いの気持ちは通常の金額で十分伝わります。それよりも結婚式欠席してしまう事実を十分に謝りましょう。

1 / 2