2018年06月19日 UPDATE

お酒と筋肉痛の関係は?翌日に二日酔いと筋肉痛から開放される方法

皆さんお酒を飲んだ後に筋肉痛のような痛みを感じたことはありますか?二日酔いからの筋肉痛は辛いですよね。今回はお酒との関係性、解消するには水がが良いのかどうかを解説します。アルコールで失敗する前にこれを読んで事前に対策出来るようにしておきましょう。

目次

  1. お酒を飲むと筋肉痛に?
  2. アルコール筋症によくかかる人は?
  3. 慢性アルコール筋症とは?
  4. お酒で筋肉痛を防ぐためには①:水を飲む
  5. お酒で筋肉痛を防ぐためには②:お酒を飲まない
  6. お酒で筋肉痛を防ぐためには③:たんぱく質を摂る
  7. お酒で筋肉痛を防ぐためには④:おつまみを摂取する
  8. お酒で筋肉痛を防ぐためには⑤:筋トレ後の飲酒は控える
  9. お酒で筋肉痛を防ぐためには⑥:病院に行く必要はあるのか
  10. お酒で筋肉痛を防ぐためには:まとめ

お酒を飲むと筋肉痛に?

お酒を飲むことが好きな方はいらっしゃいますか?筆者も飲む頻度こそ多くはありませんが、飲むことは大好きなのですが、お酒を飲む事で二日酔い等の症状の他、筋肉痛になってしまうといった経験はありませんか?そのような症状を起こしてしまうような方はぜひ注意してみてください。
Ofl5zpxmrdzbiytejb2p
引用: https://yasuyuki-ishizuka.com/drink-workplace
お酒を飲むとなぜ筋肉痛になるのかと言うと、お酒を飲むことで筋肉組織が崩れてしまい、結果的に日常の筋肉痛のような痛みが起きてしまいます。それをアルコール性筋症と呼びます。翌日等に筋肉組織が壊れてしまい、筋力の低下を起こしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。
Pbn65dmpbiefkubpgte2
引用: https://nanairo.jp/woman/pms/woman_5507/
お酒で失敗するときは二日酔いか悪酔いだけだと思われがちですが、普段のお酒生活を見直してみて、筋肉痛のような症状がある方はぜひこの記事を参考にして、対策してみてはいかがでしょうか。

超回復はする?

Qwidpwcmhtaurdn0n3zk
引用: https://reman-lab.com/toned-stomach-training/
筋トレ用語でよく、「超回復」と言う用語がありますが、筋トレで傷ついてしまった筋肉は「超回復」により回復してきます。筋トレでは超回復をすると筋肉が増大していきますが、アルコール性筋症では「超回復」は起こりません。要するに傷んだ筋肉は元には戻りません。
Zu9hyark3ao3gb7qvauv
引用: http://muscle.holdings/shoulder-muscle-training/
なので、アルコールを摂取するたびに筋肉痛のような痛みを感じる人は注意が必要になります。最悪の場合慢性型になってしまう可能性もあるので、痛みがある人は注意するようにしましょう。

関連記事

アルコール筋症によくかかる人は?

一般的には男性がよくかかると言われていますが、お酒が好きな方や、お酒をよく飲む方はいつかかってしまってもおかしくありません。なので誰でもかかってしまうという認識をしておいたほうが良いでしょう。
Ffncqo34irdw0qjbxrtf
引用: https://matome.naver.jp/odai/2141545333172312201/2141545600175467103
そして、アルコール筋症になる方は「お酒を飲みすぎたとき」に起きてしまうことが多いので、飲んでいる途中や次の日に起こってしまったときは次の失敗を防ぐ為にお酒を飲みすぎてしまったと思うようにし、失敗を出来るだけ防ぐようにしましょう。
Nxtkvs3q4xdb7ipsq3jb
引用: http://www.sweet-terrace.com/event/1/
そして、お酒を飲むたびにアルコール筋症になってしまう方は慢性型になってしまう可能性もあります。次の見出しでその危険性について解説していきます。

慢性アルコール筋症とは?

急性だと、次の日やその日のうちに影響が出てきますが、慢性型になると急性のような筋肉の痛みや、筋力低下は感じられなくなりますが、じわじわと筋力の低下を起こしてしまいます。
Vytcu7vwnyqiiw757iwc
引用: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92
あまり感じられないかもしれませんが、確実に日々少しづつダメージを受けていってしまうので少量だから大丈夫と思わず、毎日少量づつ摂取するのは控えましょう。
D4an2r3eb7ehoiry409c
引用: https://andohiroyuki.com/diet/2013/986.html
そして、慢性アルコール筋症を起こしてしまうと、ヒップや腕、足の筋肉が痩せてきてしまいます。なので、そのような症状がある方で、アルコールを摂取している方はお酒の付き合い方を見直す必要があるかもせれません。

お酒で筋肉痛を防ぐためには①:水を飲む

L9miwkhk2txtkwojapcq
引用: https://www.kirala.jp/special/knowhow/143/
アルコールを摂取しながら、アルコールを摂取後に水を定期的に飲むのことで、アルコールの排出を早めてあげる事ができます。水を沢山摂取することによって、二日酔いの解消にも繋がりますし、辛い筋肉痛等の解消にも繋がりますので、アルコール接種後は水を摂取するようにしましょう。
Byp7yqoqyaonaii0aacm
引用: http://tennislounge.com/wellness-kanayama/staffblog/361
もし、水が苦手ならスポーツドリンクでも良いでしょう。スポーツドリンクは身体への吸収も早いですし、ジュースより良いので、ジュースがどうしても飲みたいのであればスポーツドリンクを選択すると良いでしょう。
Sp8ggpvmv0wif4spd576
引用: https://ameblo.jp/mma326star/entry-12185706561.html
二日酔いの防止にもお酒と水をあわせて飲む事を意識しましょう。そして、アルコールを早く排出することで悪酔い等も防ぐ事ができますので、失敗する前に水やスポーツドリンクの摂取を心がけましょう。

お酒で筋肉痛を防ぐためには②:お酒を飲まない

T5run3mpk7kt8lgxezat
引用: http://www.kenji2387.com/entry/2017/02/13/113320
極論ですが、お酒を飲まなければアルコール筋症は起こりません、が、どうしてもお酒って交流の場だったり、上司と・・・酒絡みの事は多いので酒は飲まなければ良いとは一概には言えません。
W7qzgcfgagqghuiwrync
引用: http://healthfitness-share.sblo.jp/article/177474973.html
しかし、アルコール筋症を起こしてしまった方は慢性になってしまう可能性もあります。お酒の飲む量や、頻度を減らす事で解消出来ると思います。アルコールで失敗する前に少しだけ我慢してみましょう。

お酒で筋肉痛を防ぐためには③:たんぱく質を摂る

Q3fi5d3fnh6chn6flna7
引用: https://kakakumag.com/sports/?id=11736
筋肉はたんぱく質から出来ています。そのたんぱく質を摂取することで再生を促すことが出来ます。お酒を飲んだ後にプロテイン等でたんぱく質を補給することで次の日の筋肉痛を解消出来ると思います。
M4vnsmtjdb3wawd4l1mt
引用: https://news.cookpad.com/articles/10564
お酒を飲むのであれば、たんぱく質が沢山入っている鶏ささみ等をおつまみにするのも良いかもしれません。お酒だけグビグビ飲むのではなく、おつまみを摂取することにも意味はあります。次の見出しで解説していきます。

お酒で筋肉痛を防ぐためには④:おつまみを摂取する

Yh34wlowwdziygrcjb7p
引用: http://mamisinpuruseikatu.hatenablog.com/entry/2016/06/01/183912
アルコール筋症を解消、防ぐためにはミネラル補給も重要になってきます。お酒を身体の中から消化するためには大量のビタミンやミネラルが必要となってしまい、結果的に身体の中のミネラルが不足してしまい、筋肉痛や足が釣ってしまうような症状を起こしてしまいます。
Uurfyb5vvmcpoemlqfij
引用: https://chefgohan.gnavi.co.jp/detail/1318
おつまみとしてナッツ等を摂取することでミネラルを補給することができるので、お酒を飲む際にはおつまみとしてナッツをチョイスすることをおすすめします。二日酔いや失敗をしてしまう前にこのような小さな事で対策することも大切ですね。

お酒で筋肉痛を防ぐためには⑤:筋トレ後の飲酒は控える

Rirabjmf2fwugfvuevdd
引用: http://muscle.holdings/arm-muscle-training/
今まで解説したことで、飲酒後は筋肉の痛みが起きてしまうこと、筋肉に傷がついてしまうことはわかっていただけたかと思います。防ぐこととは直接的には関係がありませんが、筋トレをしているのに筋肉痛になってしまったと焦った方もいるのではないでしょうか。
Cbxlyjcncoqmpjynppul
引用: https://allabout.co.jp/gm/gc/459609/
普段から筋トレをしている方でも筋肉痛のような痛みを起こしてしまいます。そして、せっかく筋トレによって作られた筋肉が飲酒により傷ついてしまった筋肉は元には戻りません。ですので運動後の飲酒は2重で筋肉を傷つけてしまう可能性もありますし、筋肉増大を狙っている方の飲酒はおすすめ出来ません。

お酒で筋肉痛を防ぐためには⑥:病院に行く必要はあるのか

急性アルコール筋症の場合、ほとんどは時間経過で良くなっていく場合が殆どです。しかし、中には慢性アルコール筋症により、筋肉の低下を起こしてしまう可能性もあります。筋肉低下により呼吸器関係の筋肉が低下してしまい、呼吸困難を起こした症例もあるようです。
Y2m0ozc3lik2ge7l9pw9
引用: http://hokto.jp/archives/3694
万が一、立てないほどの筋肉低下や、筋肉低下意外の症状を少しでも感じたら、医療機関にかかるようにしましょう。必ず医療機関の受診が必要な事は無いので、自分の身体と相談しながら判断するようにしましょう。

関連記事

お酒で筋肉痛を防ぐためには:まとめ

いかがでしたでしょうか。お酒は百薬の長と言われてしまい、沢山飲んでしまう方も多いと思いますが、出来るだけそのような失敗を抑え、飲む前に解消出来ると良いでしょう。
しかし、万が一起きてしまった際には水やスポーツドリンクを摂取し、アルコール筋症や二日酔いにも効果がありますので水を沢山摂取するように心がけましょう。アルコール筋症は馴染みの無い言葉かもしれませんが、この機会に危険性や言葉を覚えていただけたら幸いです。
あまり危険性が伝わらなかったかもしれませんが、二日酔いの解消だと思って普段の生活からビタミンやミネラル、そしてお酒を飲んだ際には水の摂取など心がけるようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://style.nikkei.com/article/DGXMZO25353170V00C18A1000000?channel=DF140920160927