Katdfzdwctvyacfj3cbw

日用品

CATEGORY | カテゴリー

お風呂の床のお掃除達人術!頑固な黒ずみ・水垢汚れが簡単に落ちる!

2018.06.11

お風呂の床を掃除するときに、取れない頑固な黒ずみや水垢汚れがありますよね。取れない汚れに悩んでいませんか? そのままにしておくと、汚れが増えてしまうかもしれません。そんなときのクエン酸を使った防カビにもなるお風呂の床の頑固な汚れを簡単に掃除する方法を紹介します。

目次

  1. お風呂の床が汚れる原因は?
  2. お風呂の床の汚れの種類
  3. お風呂場はなぜカビが繁殖しやすいの?
  4. お風呂の床を掃除するときの注意点
  5. お風呂の床の材質をチェック
  6. お風呂の床を掃除する前に…
  7. お風呂の床掃除を始めましょう
  8. お風呂の床の予防方法
  9. お風呂の床掃除はどれくらいのペースで行えばいい?
  10. まとめ
Vqinfstwff55qednqnqe

お風呂場は、毎日身体や頭を綺麗にして、疲れを癒してくれる場所です。
お風呂を洗っていても、お風呂の床を洗い忘れてしまったり、汚れに気付いてもまたお風呂の掃除のときにやろうと後回しになったりするときもありますよね。

いざ、お風呂の床を掃除してもなかなか取れない頑固な汚れがこびりついていたりします。
その汚れの原因は、お風呂でいつも体や頭を洗ったときのシャンプーや石鹸、皮脂、垢、油などが原因です。
それが、固まり溜まって取れにくい頑固な汚れになってしまいます。

関連記事

Jb7byzzjmvuh8yxnetsc

お風呂の床の汚れは、1つだけではなく大きく分けると3種類ほどあります。
それぞれの汚れの落とし方も違うので、まずは汚れの種類についてみていきましょう。

汚れの種類①黒ずみ

黒ずみは黒カビです。
皮脂や油汚れ、水垢などが原因でカビが繁殖してしまい黒ずみになります。

汚れの種類②水垢

水道水には、カルシウムやミネラルがなどが含まれていて、それが固まったものが水垢です。

汚れの種類③黄ばみ

石鹸のカスや水垢などが溜まったものが黄ばみです。

ピンク色の汚れは教えてくれるサイン?

たまに、ピンク色の汚れを見かけることもありますが、ピンク色の汚れは黒ずみにそろそろなりますよ!というサインです。
ピンク色の汚れを見つけたら、黒ずみになる前に落としておくと良いですよ!

1/5

続きを読む