Gihwcilxcasbhcqodskn

暮らし

CATEGORY | 暮らし

お部屋掃除のコツまとめ!順番・どこから・頻度・やり方など掃除術を徹底解説!

2018.05.29

一人暮らしのお部屋は汚くなりがちですよね...?お部屋をきれいにすることでたくさんのメリットがあります。お掃除へのモチベーションが上がらない人も、コツを抑えてお部屋をきれいにしちゃいましょう!やり方や頻度・どこから始めればいいのか、お掃除のコツをご紹介します!

目次

  1. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】①部屋がきれいになるメリット
  2. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】②掃除の準備
  3. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】③不要な物を処分
  4. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】④上から・奥から
  5. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑤置き場所や定位置、容量を決める
  6. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑥こまめな掃除
  7. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑦どうしてもお掃除できない場合
  8. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑧モチベーションの保ち方
  9. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑨おすすめお掃除本
  10. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑩まとめ
N5bo7a3swmkgibpwtagj

ストレスが軽減され、リラックスできる

物が散乱した散らかった部屋ではリラックスできません。汚い部屋に慣れてはいても、知らな間に確実にストレスが溜まっています。スッキリと整理整頓された部屋では目から入ってくる情報が少なく脳が疲れにくいのです。そうすることでストレスの軽減につながります。

お部屋の空気がきれいになる

お部屋が汚いとダニやハウスダストが発生し、アレルギーや皮膚炎になる恐れがあります。お掃除がきれいになればもちろん空気もきれいになりますし、ダニやハウスダストが発生するリスクも少なくなります。一人暮らしでも、きれいな空気のお部屋で気持ちよく過ごしたいですよね!

必要な物が探さなくても見つかる

当たり前ですが、物が多ければ多いほど、また散らかっていればいるほど、無くしものが増えますよね。キレイにお掃除されて整理整頓してあれば、何がどこにあるかもきちんと把握できていちいち探す手間もなくなります。

探す手間がなくなれば探し物をしている無駄な時間がなくなり、探し物が見つからないイライラやストレスも感じなくて済むのです。

Rxyx3fdhsai1lw9w02bn

関連記事

S4lpxljh0wqkgmsgxkjf

ゴミ袋

掃除の際に出たゴミを分別していくためのゴミ袋を用意します。市区町村で定められたゴミ袋を多めに用意しておくと良いですね。ゴミ袋をたくさん使用してどんどんゴミを捨てていきましょう!

ビニールひも

本や雑誌や段ボール、新聞紙などの紙類を縛ってまとめるためにビニールひもを用意しておきましょう。

ハサミ

ビニールひもを切ったり、あると様々な場面で便利ですのでハサミも忘れずに用意しておきましょう。

掃除機

お掃除にはかかせない掃除機。片付けをしながらホコリなどが出てくるたびに掃除機をかけましょう。ホコリの中での片付けはアレルギー症状の原因になる可能性があります。しっかり換気をして、掃除機をこまめにかけながら進めていくようにしましょう。

雑巾やモップ

片付けをしていると誇りを被ったものや場所がでてくるかもしれません。掃除機をかけにくい箇所は雑巾できれいにします。他にも汚れを拭き取ったりと、あると便利ですので用意するようにしましょう。

1 / 4