2018年05月29日 UPDATE

お部屋掃除のコツまとめ!順番・どこから・頻度・やり方など掃除術を徹底解説!

一人暮らしのお部屋は汚くなりがちですよね...?お部屋をきれいにすることでたくさんのメリットがあります。お掃除へのモチベーションが上がらない人も、コツを抑えてお部屋をきれいにしちゃいましょう!やり方や頻度・どこから始めればいいのか、お掃除のコツをご紹介します!

目次

  1. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】①部屋がきれいになるメリット
  2. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】②掃除の準備
  3. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】③不要な物を処分
  4. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】④上から・奥から
  5. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑤置き場所や定位置、容量を決める
  6. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑥こまめな掃除
  7. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑦どうしてもお掃除できない場合
  8. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑧モチベーションの保ち方
  9. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑨おすすめお掃除本
  10. 【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑩まとめ

【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】①部屋がきれいになるメリット

N5bo7a3swmkgibpwtagj

ストレスが軽減され、リラックスできる

物が散乱した散らかった部屋ではリラックスできません。汚い部屋に慣れてはいても、知らな間に確実にストレスが溜まっています。スッキリと整理整頓された部屋では目から入ってくる情報が少なく脳が疲れにくいのです。そうすることでストレスの軽減につながります。

お部屋の空気がきれいになる

お部屋が汚いとダニやハウスダストが発生し、アレルギーや皮膚炎になる恐れがあります。お掃除がきれいになればもちろん空気もきれいになりますし、ダニやハウスダストが発生するリスクも少なくなります。一人暮らしでも、きれいな空気のお部屋で気持ちよく過ごしたいですよね!

必要な物が探さなくても見つかる

当たり前ですが、物が多ければ多いほど、また散らかっていればいるほど、無くしものが増えますよね。キレイにお掃除されて整理整頓してあれば、何がどこにあるかもきちんと把握できていちいち探す手間もなくなります。

探す手間がなくなれば探し物をしている無駄な時間がなくなり、探し物が見つからないイライラやストレスも感じなくて済むのです。

Rxyx3fdhsai1lw9w02bn

関連記事

【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】②掃除の準備

S4lpxljh0wqkgmsgxkjf

ゴミ袋

掃除の際に出たゴミを分別していくためのゴミ袋を用意します。市区町村で定められたゴミ袋を多めに用意しておくと良いですね。ゴミ袋をたくさん使用してどんどんゴミを捨てていきましょう!

ビニールひも

本や雑誌や段ボール、新聞紙などの紙類を縛ってまとめるためにビニールひもを用意しておきましょう。

ハサミ

ビニールひもを切ったり、あると様々な場面で便利ですのでハサミも忘れずに用意しておきましょう。

掃除機

お掃除にはかかせない掃除機。片付けをしながらホコリなどが出てくるたびに掃除機をかけましょう。ホコリの中での片付けはアレルギー症状の原因になる可能性があります。しっかり換気をして、掃除機をこまめにかけながら進めていくようにしましょう。

雑巾やモップ

片付けをしていると誇りを被ったものや場所がでてくるかもしれません。掃除機をかけにくい箇所は雑巾できれいにします。他にも汚れを拭き取ったりと、あると便利ですので用意するようにしましょう。

マスク

ホコリを吸い込まないようにマスクをしましょう!

【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】③不要な物を処分

お部屋をきれいにしたい!そう思うのならある程度の物たちを捨てることを覚悟しましょう!思い切って部屋の中の物を減らすことがきれいなお部屋への第一歩です!中には悩むものもあるかもしれません。無理に捨てる必要はありませんが、よく考えて本当に必要な物だけを残すようにしましょう。

捨ててしまう決心がつかない場合は、『売る』という選択肢も考えてみましょう。最近ではだれでも簡単に物を売ることができますし、『もう使わないけどお気に入りで捨てる決心がつかないもの』なども、新しい持ち主さんの元でもう一度活躍できる事を思えば手放す決心もつきそうです。

【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】④上から・奥から

一人暮らしの汚いお部屋のお掃除どこから始めたらいいのか?お掃除はやり方も重要で、鉄則は『上から・奥から』です!下からお掃除をしても、だんだん上のお掃除になるにつれて、上からホコリが落ちてきます。そうするとまた下をお掃除しなければ行けないので二度手間ですよね。お掃除は上から下に向かって行っていきましょう。

お部屋の奥から手前に向かってお掃除をすることで、お掃除の効率も良くなります。奥からゴミや汚れを押し出してくるイメージで進めていきましょう。

【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑤置き場所や定位置、容量を決める

Czw5ydbifr73xtibqhao

そして容量を決めて、その容量以上は増やさない、増やした場合は何かを捨てるというルールを決めて守るようにすれば、キレイを長持ちさせることができますよ!

お部屋がきれいになった後、そのきれいを保つために必要なことが、物の置き場所や定位置を決めることです。場所が決まっていれば、もう探し物をすることもありません。

Bukaasvboqex9n3n14pz

【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑥こまめな掃除

こまめにお掃除をすること。基本的なことですが、やはりこれが1番大切です。汚れれば汚れるほどお掃除も大変になっていきます。ですがこまめにお掃除していれば労力も時間も少しだけで済みますよね。使ったものをもとの場所に戻す、ホコリがあれば捨てる、などの小さな積み重ねが大切です!

コロコロやお掃除シートなど、お掃除を簡単にしてくれるグッズなどもたくさんありますので、ぜひ活用してみましょう!

【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑦どうしてもお掃除できない場合

Jlcuggdrmoqoecupzrvh

例えばお部屋の汚さがもう自分の手には負えなくなってしまっている場合や、どうしても忙しくてお掃除したくても時間が取れない、お部屋はきれいにしたいけどどこから手を付けていいのかわからない、なんて場合は思い切ってお掃除専門の業者さんに依頼してみるのも良いですね!

1度きれいなお部屋のベースを作ってもらえば、そこからきれいなお部屋を維持できるように頑張る気持ちも出てきそうですよね!見積りを数社からしてもらい、対応の良い業者さんにお願いしましょう!

【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑧モチベーションの保ち方

人を呼ぶ計画を立てる

Lgmdub6dwpvbtdkxvuzu

誰かを家に招待する計画を立ててしまいましょう!誰でも汚いお部屋を見られるのは嫌ですよね。わざと自分にプレッシャーを与えてお部屋をきれいにするモチベーションを無理やりにでも上げてしまおうという方法ですね。

お掃除の本を読む

片付けのメリットなどが書かれている本を読めば、お掃除をする価値も見い出すことができ、やる気を出してくれます。

理想のお部屋を見つける

Kj9ihrts6lu0xr5iihjg

ネットや本などでおしゃれなお部屋をチェックして、お気に入りのお部屋を見つけましょう!そのお気に入りのお部屋を目指していけば、お掃除と同時にお部屋の改造などもでき、お掃除以外の楽しみも同時に味わいながら行うことができそうですね!

好きな音楽をかける

D3y1akrp09i3vbiwp8ai

なかなかモチベーションが上がらないと、動きも緩やかになりお掃除もはかどりません。そんな時に音楽はモチベーションを上げる大きな助っ人になってくれます。アップテンポな曲や好きな音楽を聞きながら作業すれば、お掃除もはかどりますよ!

場所を区切る

Ylz4hynic558wacc0oty

一気にお部屋全体をお掃除するのも良いですが、やる気が起きない場合は『今日はこの箇所だけ』とお掃除する箇所を区切って行うのもモチベーションを保つ一つの方法かもしれません。

小さなスペースなら少しの労力でできますし、とりあえず1か所でもきれいになると、そこからモチベーションが上がるきっかけになりますよ!

【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑨おすすめお掃除本

たった1分で人生が変わる 片づけの習慣
価格 ¥ 1,404
片付けの重要性を教えてくれます。読みやすくておすすめです。
イラストでときめく片づけの魔法
価格 ¥ 1,140
イラストで分かりやすいおすすめの1冊です。

【お部屋掃除のコツ・頻度・どこから始める?】⑩まとめ

Elqja4gialeddk48l8xh

『お部屋掃除のコツまとめ!順番・どこから・頻度・やり方など掃除術を徹底解説!』いかがでしたか。今回は一人暮らしの汚いお部屋の掃除のコツ・ポイントをご紹介致しました!お掃除することはたくさんのメリットに繋がっていきます。お部屋をきれいに保ち、居心地の良いきれいな空間でストレスフリーな癒しの時間を過ごしましょう!

Iolrotf7kdngw3rioq5z