2018年05月23日 UPDATE

ピンクのイルカを見られるおすすめ人気スポット!【海外編】

水族館で人気の海の生き物と言えば、「イルカ」!でも海外にはピンクの可愛いイルカが存在するスポットがあるということを知っていましたか?今回は、見るだけで幸せが訪れるようなピンクのイルカに会えるおすすめ人気スポットをご紹介したいと思います。

目次

  1. ピンクのイルカに会いに行こう!おすすめスポットも!
  2. ピンクイルカの種類①:シナウスイロイルカ
  3. ピンクイルカの種類②:アマゾンカワイルカ
  4. ピンクイルカに会えるおすすめスポット①:オアシス・シーワールド【タイ】
  5. ピンクイルカに会えるおすすめスポット②:ランタオ島【香港】
  6. ピンクイルカに会えるおすすめスポット③:マナウス【ブラジル】
  7. ピンクイルカに会えるおすすめスポット④:サムイ島【タイ】
  8. ピンクイルカに会えるおすすめスポット⑤:パタヤ・ドルフィンワールド&リゾート【タイ】
  9. ピンクのイルカに会えるおすすめスポットの注意点
  10. ピンクイルカに会えるおすすめスポットまとめ

ピンクのイルカに会いに行こう!おすすめスポットも!

E9efepo2rsehefqakh64
海の生き物の中でも人気者といえば「イルカ」が挙げられますよね。動きやジャンプが軽快でダイナミックな上に、表情や鳴き声がとても可愛らしい魅力的な生き物です。そんな存在自体が可愛いイルカに、さらにピンク色のした愛らしいイルカがいることをご存知でしょうか。国内ではお見掛けすることができませんが、海外には水族館や野生でピンクのイルカに出会えるスポットがあります。ピンクのイルカを一日に3回見ると幸せになれると言われているほど、海外でも幸せの象徴として愛されているんですよ。今回は、その可愛い人気のピンクイルカに出会える有数のスポットをご紹介したいと思います。

関連記事

ピンクイルカの種類①:シナウスイロイルカ

ピンクのイルカと言っても2種類のイルカが存在します。1種は、「シナウスイロイルカ」。普段水族館で目にするような可愛らしいイルカ達と仲間なので、身体の形もほぼ変わらない海水に住むイルカです。東シナ海からオーストラリア北部までの浅い海域に生息しています。香港では「中華白海豚」と呼び、マスコットとして親しまれています。生まれた直後は全身が黒に近い色ですが、成長するにつれてだんだん身体の一部や全身がピンク色に変化していきます。密漁や埋めたて地の増加、海上交通の発達など環境問題の影響もあり、絶滅危惧種として設定されていますので、ドルフィンウォッチングなどのシナウスイロイルカに刺激を与えてしまうアクティビティが無くなる可能性もあります。会いに訪れる前に、しっかりとホームページを確認すると良いでしょう。

ピンクイルカの種類②:アマゾンカワイルカ

ピンクイルカのもう1種である「アマゾンカワイルカ」は、普段見慣れている人気者のイルカとはちょっと形が違う、淡水にすむイルカです。カワイルカという種類の中でも一番大きく、約2mにもなります。3,500万年前に生きていた原始的なクジラと同じ特徴を持つことから「生きた化石」とも呼ばれている珍しい種類です。南アメリカのアマゾン川水系に生息しています。体の色も明るめのピンク色をしているものもいれば、茶色やクリーム色などばらつきが若干あります。嘴が長く、カニや小魚、小さなカメを咀嚼するための歯がたくさんついているので、ちょっと見た目は怖いですが、とても人懐っこく可愛いイルカです。カワイルカという括りのなかでも多くの種類は絶滅の危機に直面していますが、アマゾンカワイルカは比較的安定して生息していると言われています。

ピンクイルカに会えるおすすめスポット①:オアシス・シーワールド【タイ】

シナウスイロイルカが可愛らしい姿でショーをしてくれる、「オアシス・シーワールド」。タイのチャンダブリ市のレーム・シン地域にあります。大規模な水族館ではないですが、周囲に田園風景の広がる素朴でのどかな場所です。出口付近では、水が綺麗な場所でしか育たないマングローブもお目にかかれるとか。一日5回行われるショーが見物ですが、それだけではなく、イルカと一緒に泳いだり練習を眺めたりすることができちゃいます。他にも鯉などの大きな魚へエサやりをすることも可能。営業時間は9時~18時、入館料は大人300バーツです。

ピンクイルカに会えるおすすめスポット②:ランタオ島【香港】

大都会香港でも可愛いシナウスイロイルカに出会える可能性があります!ランタオ島から出ている人気のドルフィンウォッチングツアーのクルーザーに乗って約2時間ほど香港の海を楽しむことができます。シナウスイロイルカに出会える確率は97%とかなりあるのだとか。日本語を話せるガイドの方も一緒なので安心してツアーを楽しむことができます。「香港ドルフィンウォッチングクルーズ」から事前に予約して、指定のホテルからランタオ島の埠頭へ移動し、そこからクルーザーに乗りかえるという流れでツアーが行われます。毎週水、金、日曜日に行われ、大人は320香港ドルです。

ピンクイルカに会えるおすすめスポット③:マナウス【ブラジル】

アマゾンは大自然のため、個人で探検するとなると危険が伴います。ピンクのイルカと安全に出会えるように、ツアーを申し込みましょう。ブラジルのアマゾン地域のなかでも最大の都市マナウスから、アマゾンカワイルカなどの動物とのふれあいやアクティビティができるツアーが出ています。アマゾンカワイルカに餌付け体験や入水し触れ合う体験ができる盛りだくさんのツアー内容になっています。見た目はちょっと怖いアマゾンカワイルカですが、実際に触れ合うと可愛いと感じることも。HISからもツアーが出ていて、そちらは日本語ガイドも付き270ドルとなっています。車両とモーターボートを乗り継いでフローティングハウスで触れ合い体験をするという流れでツアーが行われます。

ピンクイルカに会えるおすすめスポット④:サムイ島【タイ】

タイのサムイ島からシナウスイロイルカに会いに行けるドルフィンウォッチングツアーが出ています。約20kmほど離れたカノムというエリアにピンクイルカが生息しており、そちらまでスピードボートを使用して移動します。遭遇率は約90%という高確率だそうです。ピンクイルカだけではなく、色々な種類のイルカに出会えます。ドルフィンツアーのあとはビーチで食事をし、タン島周辺のサンゴ礁でスノーケリング体験がついてきます。料金は大人2000バーツです。

ピンクイルカに会えるおすすめスポット⑤:パタヤ・ドルフィンワールド&リゾート【タイ】

タイにはもう一つピンクのイルカのショーを楽しめるスポットがあります。バンコクから約2時間ほどの「パタヤドルフィンワールド&リゾート」ではシナウスイロイルカが可愛いショーを見せてくれます。入口にもピンクイルカのオブジェが飾られており、いかにもピンクのイルカに出会うための水族館らしさが雰囲気に出ています。ドルフィンショーは一回約45分、一日に5回ほど行われています。ショーだけでなく、イルカと一緒に泳ぐこともできます。料金は大人250バーツです。

ピンクのイルカに会えるおすすめスポットの注意点

Lr8b1vvrf0twf4z33abh
人気の可愛いピンクイルカに出会える5つのスポットを挙げましたが、海外の情報のため国内のようにホームページなどが更新されておらず、水族館であればすでに閉館している可能性や、ツアーも中止になっている場合があります。必ず訪れる前に、ピンクイルカに本当に出会えるのか確認作業が必要です。また、シナウスイロイルカは絶滅危惧種のため、将来ツアーや水族館での飼育が無くなってしまう可能性も十分考えられます。どうしても出会いたい場合は、早めに会いに行くと良いでしょう。出会うことによって環境問題についてじっくり考えさせられるツアーもあります。

関連記事

ピンクイルカに会えるおすすめスポットまとめ

Dd4fvpl7vhncareuj3k5
いかがでしたでしょうか?水族館でも人気のイルカにピンクの色がついた可愛らしい種類がいるということに驚かれたかたも多いのではないでしょうか。日本でも、ピンクのイルカを携帯電話の待ち受け画面にすると幸せになれるという口コミもあります。せっかくなら実際に会いに行って、自分のカメラでイルカを撮影してみたいですよね。また、恋人とピンクのイルカに出会えたら永遠の愛が誓われるという素敵な伝説もあるんだとか。ぜひ、可愛いピンクのイルカに会いに行って、幸せを掴みましょう!