Dimrsrtjmxptovwomosp

ビューティー・ヘルス

CATEGORY | ビューティー・ヘルス

シャンプーの正しい泡立て方って?コツとおすすめアイテムご紹介

2018.02.28

正しいシャンプーの泡立て方をご存知ですか?毎日のシャンプーでなかなかうまく泡立たないことがありますよね。どうやったら美容師さんのようにジャンプ―をふわふわに泡立てられるのか?今回は、シャンプーの正しい泡立て方とコツを特別にご紹介していきます。

目次

  1. 美容の秘訣はもこもこ泡のシャンプーにあり!
  2. どうしてシャンプーの泡立てが大事なの?
  3. 正しいシャンプーの泡立て方:もこもこ泡を作ろう!
  4. 正しいシャンプーのコツ
  5. シャンプーを泡立てるための便利グッズ
  6. まとめ:正しいシャンプーで美しい髪に
How to grow hair faster thicker tips for women 2014 11
引用: http://xxx1232d.com/wp-content/uploads/2016/12/How-to-grow-hair-faster-thicker-tips-for-women-2014-11.jpg

身だしなみや第一印象をよくするためにも必要な美容。その中でも、髪は印象を与えるうえで需要なパーツであり、手入れは欠かせません。しかし髪の手入れは難しく、正しいシャンプーをしないと、むしろ逆に髪を傷めてしまうなんてこともあると思います。

美容の秘訣はもこもこシャンプーにあり!

そんな髪の手入れの一番のコツ、それは美容院でよく美容師がやっているあのもこもこ泡に隠されているのです。ですがあの美容師がやっているようなあのもこもこ泡ってすごく難しいですよね。今回はこのもこもこ泡を泡立てる秘訣をお教えします。

さて、先ほどの紹介で一つ疑問が浮かびます。髪を手入れするのにもこもこに泡立てる理由は何なのか?ということです。まずはこのもこもこ泡の効果を説明します。

理由その1 頭皮への負担を和らげるため

シャンプーを泡立てない状態で洗うと、頭皮への摩擦となり髪を傷めてしまいます。頭皮はお肌と同じで摩擦に弱いという特徴があり、実はかなりデリケートです。そのため、シャンプーをよく泡立てて使うことによって、頭皮への摩擦・負担を軽減させることができるのです。

理由その2 少量の泡で汚れを落とせて、過度なシャンプーの使用を抑えれるため

もう一つの理由は、少しのシャンプーで髪の汚れをより多く落とせることです。シャンプーをお湯と混ぜながら泡立てることで、原液そのままのみで洗うよりも広範囲を洗うことができます。また、原液のままだと洗浄力が強すぎて、頭皮に必要な油まで落としてしまう可能性があるので、お湯で調節しながら洗うことがおすすめです。

シャンプーの泡立て方にはコツがある!モコモコ泡の作り方

それではここから、メインテーマであるもこもこ泡の作り方やコツを紹介していきます。

もこもこ泡を作る前に

もこもこ泡を作る前に必ずやらないと行けない工程があります。それは手を洗うということです。当たり前のことですが、手を使って洗うので手についてる菌は落としておく必要があります。また、手をあらかじめお湯につけることによってより泡立ちやすくなります。

泡立つ条件

もこもこ泡にするためには3つ要素があります。それは、「水」「シャンプー剤」「空気」の3つです。これら3つの要素をバランスよく取り入れることによって、少ないシャンプー量でもこもこ泡ができるのです。

もこもこ泡の作り方1 予洗い

一つ目は予洗いです。美容師の方が一人のお客さんにかける時間は1分半かけます。それくらいから初めて泡立ちがよくなります。

1 / 2