Mvsnmz4ztopspdugtxdf

暮らし

CATEGORY | 暮らし

洗濯による色落ちの予防対策まとめ!色移りしてしまった時の対策も!

2019.02.11

洗濯による色落ちの予防対策をまとめました。色落ちしやすい衣類の特徴や色落ちしない洗濯の方法、おすすめ洗剤や色移りしてしまった時の対処法まで、洗濯初心者さんから忙しいママにもおすすめの情報がたっぷりです!お気に入りの衣類を守るためにもぜひチェックしてくださいね!

目次

  1. どんなものが色落ちする?
  2. 洗濯の色落ちの原因は?
  3. 洗濯の色落ちは元に戻せる?
  4. 色落ちしない服の洗い方の基本
  5. 洗濯の色落ち予防対策5選!
  6. 洗濯の色落ち予防対策Part.1|色落ちテスト
  7. 洗濯の色落ち予防対策Part.2|洗濯ネットに入れる
  8. 洗濯の色落ち予防対策Part.3|手洗い
  9. 洗濯の色落ち予防対策Part.4|色落ち防止シート
  10. 洗濯の色落ち予防対策Part.5|色落ちしにくい洗剤
  11. 色移りしてしまったら…
  12. まとめ
Xuhpgbwpeh33yul4r00u

まずはどんなものが色落ちしやすいのかチェックしていきましょう。色落ちしやすい衣類の特徴を知っておくだけでも、色移りを防ぐことができるので、ぜひ新しく服を買ったときなどには注意してみてくださいね。

Ym4jv9soybapyaajuass

色落ち・色移りしやすい服①:濃色の衣類

淡い色より濃い色の衣類は染料が多く、色移りしやすい服が多いのが特徴です。特に、青・赤の服は注意が必要です。またプチプラのデニムは高い確率で色落ちするので、購入した時には他の衣類と一緒に洗濯しないよう注意することが大切です。

色落ち・色移りしやすい服②:綿・麻・絹素材

素材では、綿・麻・絹の素材が色移りしやすく、ポリエステル・ナイロン・アクリルなどは色移りしにくい傾向にあります。特に濃い色の綿素材は色落ちしやすいので、購入時は特に注意しましょう。

色落ち・色移りしやすい服③:革、合皮付き

デザインで一部に革や合皮がついている衣類も高い確率で色落ちします。

色落ち・色移りしやすい服④:刺繍糸・紐・ビーズ・ワッペンなどがついた衣類

意外と盲点になりがちですが、デザインで衣類についている刺繍糸やビーズ・ワッペン、パーカーの紐などから色落ちすることもあります。色落ちするのは衣類本体だけとは限らないので注意が必要です。

M9b040xausybwtctuich

色落ちや色移りの主な原因は“スレ”です。衣類を洗っている時に他の衣類と擦れることで色落ちがおきます。色落ちのしやすい衣類をまとめて洗うことで色移りが起こります。また、しっかり分けて洗った後でも濡れたままの衣類を触れ合ったまま放置しておくことで、色移りが起こることもあるので注意しましょう。

Ocnywduqvuoe0twg7wzq

一度色落ちや色移りしてしまった衣類が元の色に戻ることはありません。専門業者にお願いして同じような色に着色してもらうことは可能ですが、元に戻せる訳ではないので、お気に入りの服や色落ちしやすい服はあらかじめ洗濯前に注意しておくことが大切です。

Wamznkt5gbqzvcgkjn80

衣類の色落ちや色移りを発生させない洗濯の基本の方法についてご紹介します。

Ck1dmomv5gnwsuotg4r6

色落ちしない洗濯の方法①:衣類を裏返してネットに入れる

衣類を裏返してから洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。色落ちしやすい服は単品で洗うことが理想です。

1 / 4