Jyceaq3zxo3qxglmuqpt

ガーデニング

CATEGORY | ガーデニング

ドラセナの種類一覧まとめ!屋外・屋内タイプのものや簡単に育つものは?

2019.02.09

インテリアや癒やしに欠かせないと人気のドラセナ!そんなドラセナの人気種類一覧と屋外屋内おすすめのもの、枯れるのを防ぐ方法など詳しく調べてみました。ドラセナ種類一覧と合わせて育て方やおすすめの環境までたっぷりとご紹介いたします。

  1. ドラセナ種類一覧!屋外屋内どちらがおすすめ①はじめに
  2. ドラセナ種類一覧!屋外屋内どちらがおすすめ②ドラセナとは
  3. ドラセナ種類一覧!屋外屋内どちらがおすすめ③ワーネッキー
  4. ドラセナ種類一覧!屋外屋内どちらがおすすめ④レフレクサ
  5. ドラセナ種類一覧!屋外屋内どちらがおすすめ⑤コンシンネ
  6. ドラセナ種類一覧!屋外屋内どちらがおすすめ⑥コルディリネ
  7. ドラセナ種類一覧!屋外屋内どちらがおすすめ⑦サンデリアーナ
  8. ドラセナ種類一覧!屋外屋内どちらがおすすめ⑧ミリオンバンブー
  9. ドラセナ種類一覧!屋外屋内どちらがおすすめ⑨幸福の木
  10. ドラセナ種類一覧!屋外屋内どちらがおすすめ⑩まとめ
引用: https://activephotostyle.biz/wp-content/uploads/2018/11/20070726DSC_0034-1024x680.jpg
ドラセナは人気があるのでお家の中やお庭で育てたことがあるという方も多いかもしれません。今回はそんなドラセナの人気種類一覧と合わせて枯れるのを防ぐ方法や上手な育て方まで詳しくご紹介いたします。屋内や屋外にグリーンを取り入れたいと思われていた方必見です!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcRtkbOeHtFppakQASf90BgluklFf5ivoa-DC1iY_rr96cEHxlyd
熱帯アジアとアフリカ原産のリュウゼツラン科の一属。50種ほどあり,多くは単幹の低木で,葉は枝端に束生し剣状または幅広く,縦や横のしまが入り,観葉植物として鉢植にされる。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b7/b72bbae821d6e89c6dbfde505c9623d7_t.jpeg
ドラセナは上記にもある通りかなり種類が豊富で全ては紹介しきれないので、自宅で観葉植物として育てたりお庭で手軽に育てられる人気のドラセナの種類と育て方について順番にご紹介していきたいと思います。

関連記事

デレメンシス レモンライム

引用: https://www.instagram.com/p/BkrlrP7goAE/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=wupmcg7szdlf
レモンライムの名の通りレモンライム色の綺麗なストライプが入っています。

アオワーネッキー

引用: https://www.instagram.com/p/BorRMlQgovW/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=vfgd04rdbw5u
他のワーネッキーと違いストライプは入っていないですが光沢のある葉っぱが美しいです。

ドラセナワーネッキー

引用: https://www.instagram.com/p/BSlZlWKF3jJ/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=4vpvexzxrah2
レモンライムとは違いホワイトのストライプが入っていてシロワーネッキーとも呼ばれています。
ここまでのワーネッキーはどれも日陰に強く冬に水をあげすぎる事さえしないよう注意しておけば比較的簡単に育てられ枯れることも少ないドラセナです。室内で育てるなら問題ないですが5-10度以上の環境が適しています。

ドラセナコンパクタ

引用: https://www.instagram.com/p/BTL-BuClPx1/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=fosvr2qiqi79
他のワーネッキーに比べて葉っぱがぎゅっと詰まっていて特徴的です。
こちらのコンパクタはドラセナの中では最も育てやすく寒さに気をつけることさえしておけば枯れることも虫がつくこともない非常に強い品種です。

ソングオブジャマイカ

引用: https://www.instagram.com/p/BtXt84lAAfc/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=fqkj04tahnub
鮮やかな黄緑色のストライプが入った葉っぱが特徴的です。

ソングオブインディア

引用: https://www.instagram.com/p/Bopw_tqAs5l/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1faxgznli2k6k
黄色のストライプが特徴の葉っぱをつけた動きのあるドラセナです。

レフレクサ

引用: https://www.instagram.com/p/BtbCB4Bn_zt/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=14bly6mc7lmmy
細くてフサフサした葉っぱが特徴のレフレクサです。上記の写真は花を咲かせているところですが、ソングオブジャマイカやソングオブインディアも同じような花を咲かせます。
お手入れは簡単ですが、寒さに弱いため5-10度できれば10度以上の環境で育てることが必要です。日陰でも育ちますが日に当ててあげることでより葉っぱの光沢が出て生き生きするのでおすすめです。秋から冬にかけて水をあげすぎると根腐れして枯れる可能性があるため注意が必要です。

関連記事

マルギナータ

引用: https://www.instagram.com/p/BajS7nPHjeE/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1hm0y0ckzmm61
細く柔らかい葉っぱが特徴のドナセラです。

トリカラー

引用: https://www.instagram.com/p/BoNtwhiHeuf/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=pbqcusgngmvn
薄い緑の葉っぱに白と赤のストライプが入った特徴的な見た目です。

ホワイトホリー

引用: https://www.instagram.com/p/Bl-iSk9AIXt/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=47pocf8fh9iw
ホワイトホリーの名の通り白のストライプと明るい緑色の葉っぱが特徴的な爽やかなドラセナです。

レインボー

引用: https://www.instagram.com/p/Bo2-qBrBAjr/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1hmd0mymf6y1h
色鮮やかな赤と緑の葉っぱが可愛らしい人気の種類です。
流通量も多く育てやすいドラセナです。他の品種と同じように寒さには弱いため5度以上の環境で育てるのがおすすめです。冬場の水の上げすぎや日当たりが悪いと枯れる原因になるため注意しましょう。

インディビサレッドスター

引用: https://www.instagram.com/p/Bq_7LHxnwa4/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=604i9il9h8yx
庭に植えたり寄せ植えとしても人気で色鮮やかなので存在感も抜群です。

ストリクタ

引用: https://www.instagram.com/p/BNaoar7DJiC/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=a7eqp3zo081y
ドラセナの中では珍しい暑さに弱く寒さに強い品種です。

ヒロバドラセナ

引用: https://www.instagram.com/p/Br7xuYnHAEs/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1n301g2vrf12m
大きな葉が特徴的なドラセナです。

グローカル

引用: https://www.instagram.com/p/BkPwYekhSxc/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=wd70vv9luqus
葉が少し厚めで光沢があります。こちらも暑さに弱く寒さに強い品種となっています。

パープルコンパクタ

引用: https://www.instagram.com/p/BfVqk0cFZS3/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=as0cpc4vlam6
葉っぱの赤紫色が特徴的で寄せ植えやちょっとしたインテリアとしてとても人気があります。
コルディリネは0度以下にならなければ比較的育ちやすいので暖かい地方では庭木としても人気が高いそうです。明るいところを好む特性もあります。水は土の表面が乾いてからたっぷりあげると良いです。

関連記事

ゴールド

引用: https://www.instagram.com/p/BnLupAnA2KR/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=83s9q3zr1kcp
綺麗なストライプが特徴で鮮やかなドラセナです。ミリオンバンブーと言われ人気があります。その作り方は次項で詳しくご説明いたします。

グリーンクィーン

引用: https://www.instagram.com/p/BRljqLUg7oe/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=8jxwbsle9usj
葉がやや厚めで落ち着いたグリーン色をしています。

ホワイト

引用: https://www.instagram.com/p/BGWbB5zkZ1N/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=14vxfh136cbv6
綺麗な白いストライプが特徴的な品種です。

ビクトリー

引用: https://www.instagram.com/p/BSGbGQwB4l3/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1t9a4d8s8gptr
こちらもホワイトのストライプが特徴的ですがホワイトに比べてグリーンが多く入っているのが特徴です。
日陰でも育ちますが寒さに弱いため10度以上の室内で育てるのが良いです。日に当ててあげるとツヤが出て生き生きするのでおすすめです。クーラーやエアコンの風が直接当たると枯れる原因となる恐れがあるので注意しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bh4GUJXD4U2/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=x6bopyeyrrpb
上記のサンデリアーナはミリオンバンブーといわれ縁起が良いものとして親しまれています。花言葉は「幸運」「開運」「長寿」です。その気になる作り方と風水についてご紹介いたします。

作り方

引用: https://www.instagram.com/p/BUNXB6WFE8T/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1pzxgdwqcevz5
作り方は簡単でサンデリアーナの葉の部分をむしって茎にするだけで完成します。水耕栽培でも土栽培でもよく育ち持ちが良いそうです。

風水の効果

引用: https://www.instagram.com/p/BWbcZC-FWZG/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1b3vc88tk3zij
ミリオンバンブーの風水効果は「仕事運」「健康運」「金運」が上がるといわれています。風水では奇数は陽、偶数は陰といわれています。仕事運を上げるならおうちの北西、もしくは机の上の北西部分にミリオンバンブーを飾ってください。北西は「天」を表す方位と風水では言われています。北西の運気がUPすると、責任感、リーダーシップ、信頼感が得られやすくなるといわれています。健康運をUpさせるには、東または南西といわれています。東に相性の良い色は青や水色となっています。ミリオンバンブーにひと工夫をしてみてくださいね。金運の方角といえば「西」ですね。あまりにも有名すぎる西が金運。ぜひとも金運UPを望んでいらっしゃる方は西の方角にミリオンバンブーを置いてくださいね。そして西に幸運を呼んでくれる色は「黄色」です。また西は高級なものが似合いますので、ちょっと豪華な植木鉢に入れるのもおすすめです。

こんな良いことづくしのミリオンバンブー育ててみたくなっちゃいますね!

関連記事

マッサンゲアナ

引用: https://www.instagram.com/p/BZNWTflHbx-/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1m6unsxn1xg7c
幸福の木として親しまれている最も人気があり有名なドラセナです。

フラグランス

引用: https://www.instagram.com/p/BiqV3dRBgV1/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1taey9f9qyymo
マッサンゲアナの原種のようなものです。

ジェレ

引用: https://www.instagram.com/p/BTyUxsJAobV/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=5zftxbwyldcq
幸福の木の仲間で人気のある品種です。
寒さに弱い品種なので5-10度以上の環境で育てることをおすすめします。冬は水の上げすぎに注意が必要ですが暖かい季節は土が乾いたらたっぷりと水を与えてあげてください。しかし水の与えすぎは枯れる原因となるので土が乾くまではあげないように気をつけましょう。
幸福の気やドラセナの仲間は、風水的にも良い観葉植物とされており、金運や開運アップするとされている観葉植物です。縁起の良い観葉植物ですので、是非、リビングやオフィスに飾ってお楽しみください。

いかがでしたでしょうか。一度は目にしたり耳にしたことがあるドラセナがあったと言う方も多いのではないでしょうか。寒さに弱いものが多いですがどのドラセナも育てやすく癒される観葉植物として愛されています。ぜひ簡単に育てられるものも多いのでインテリアに取り入れられてみてください。

観葉植物についてもっと知りたい方へ