Ij9mrs4ai4y4pu8lnj5y

アニメ

CATEGORY | アニメ

アニソン人気おすすめまとめ!【最新版】懐かしいあの神曲も!

2019.02.07

アニソンの人気おすすめ楽曲をご紹介します! 神曲と呼ばれるような名曲も数多く存在するアニソンを聴いて、テンションを上げましょう! 最新の名曲から懐かしい神曲まで、幅広く人気のアニソンをご紹介していきます! アニメ好き、アニソン好きの方必見です!

目次

  1. 【最新】人気おすすめのアニソンって?
  2. 【最新】人気おすすめのアニソン①残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
  3. 【最新】人気おすすめのアニソン②紅蓮の弓矢/Linked Horizon
  4. 【最新】人気おすすめのアニソン③ウィーアー!/きただにひろし
  5. 【最新】人気おすすめのアニソン④ふわふわ時間/桜高軽音部
  6. 【最新】人気おすすめのアニソン⑤ZERO/小野賢章
  7. 【最新】人気おすすめのアニソン⑥DAYS/FLOW
  8. 【最新】人気おすすめのアニソン⑦COLORS/FLOW
  9. 【最新】人気おすすめのアニソン⑧遥か彼方/ASIAN KUNG-FU GENERATION
  10. 【最新】人気おすすめのアニソン⑨打上花火/DAOKO×米津玄師
  11. 【最新】人気おすすめのアニソン⑩Borderland/川田まみ
  12. 【最新】人気おすすめのアニソン⑪夏の幻/GARNET CROW
  13. 【最新】人気おすすめのアニソン⑫魂のルフラン/高橋洋子
  14. 【最新】人気おすすめのアニソン⑬シュガーソングとビターステップ/UNISON SQUARE GARDEN
  15. 【最新】人気おすすめのアニソン⑭ピースサイン/米津玄師
  16. 【最新】人気おすすめのアニソン⑮一滴の影響/UVERworld
  17. 【最新】人気おすすめのアニソン⑯Get Wild/TM NETWORK
  18. アニソン人気おすすめまとめ!【最新版】懐かしいあの神曲も!のまとめ
Iris16011438 2 tp v
引用: http://naotan-net.com/wp-content/uploads/2017/08/IRIS16011438-2_TP_V.jpg

幅広い世代に愛されてきたアニメ。子どものころに昔ながらのアニメを観ていたという方、今現在の進化したアニメにハマっている方、どなたもハマり方は違えどアニメを好きという心があるはず。
そんなアニメ好きの方の心には、アニメの内容だけでなくアニソンも残っているのではないでしょうか?
という訳で今回は、最新の名曲から懐かしのあの曲まで幅広く、おすすめのアニソンをご紹介します!
ドライブや作業中のBGMとしてもぴったりなので、聴いてテンションを上げてみてくださいね!

アニソンの魅力って?

その前に、まずはアニソンの魅力をご紹介していきます。
聴く者を引き寄せるアニソン。幅広い世代に長年人気となっているわけですが、アニソンのどんなところが魅力的だといえるのでしょうか?

昔からアニメを彩り続けてきた心に残る数々のアニメソング。何十年たっても色あせない名曲も多く、聞くだけでアニメを見ていた頃のワクワクした気持ちを思い出させてくれます。 また今やインディーズバンドや駆け出しのアーティストの登竜門ともなっており、楽曲が主題歌に抜擢されて注目を浴びたアーティストも少なくありません。

アニソンの魅力といえば、なんといってもアニメとのシンクロ感です。
昔懐かしいアニソンを聴けばその当時のアニメの映像が脳裏に浮かんだ、という経験は誰もが通過したことがあるはず。
さらには最近ではアニソンが若手ミュージシャンの登竜門となっていることも。
アニメのテーマソングに起用されたことでブレイクしたバンドやアーティストも数多く、そういったところもアニソンの魅力といえます。

さて、ここまでアニソンについて少し掘り下げていきました。
ここからは、おすすめのアニソンをご紹介していきます!
各曲動画を添えてご紹介しますので、気になった楽曲はどんどん聴いてみてくださいね!

4241658664 a400687246 o
引用: http://farm3.static.flickr.com/2788/4241658664_a400687246_o.jpg

最新の人気おすすめの神曲アニソン、1つ目は残酷な天使のテーゼ/高橋洋子です。
新世紀エヴァンゲリオンの主題歌で、誰もが知っているアニソンのひとつです。ここまで世界観が最初から最後までかっこいいアニソンはなかなかないのではないでしょうか。

関連記事

最新の人気おすすめの神曲アニソン、2つ目は紅蓮の弓矢/Linked Horizonです。
進撃の巨人のテーマソングです。ハラハラするアニメの展開と楽曲のハイテンポさがマッチしており、聴くだけで臨場感を味わえます。

1 / 5