Esxbcq1bwc0yyahh9xiz

メイク

CATEGORY | メイク

市販のヘアマニキュアおすすめ【2019】プチプラでもしっかり染まる!

2019.02.09

ヘアマニキュアで様々な髪色を楽しんでみたい。今回はそのようなあなたのために、『市販のヘアマニキュアおすすめ【2019】』と題して、プチプラでもセルフでしっかり染まる市販のヘアマニキュアや、ヘアマニキュアの上手な選び方や使い方などをご紹介します。

目次

  1. 市販ヘアマニキュア【2019】プチプラでもバッチリ!:ヘアマニキュアとは?
  2. 市販ヘアマニキュア【2019】プチプラでもバッチリ!:ヘアマニキュアの選び方
  3. 市販ヘアマニキュアおすすめ【2019】①サロンドプロ ヘアマニキュア
  4. 市販ヘアマニキュアおすすめ【2019】②ブローネヘアマニキュア
  5. 市販ヘアマニキュアおすすめ【2019】③シエロ オイルインヘアマニキュア
  6. 市販ヘアマニキュアおすすめ【2019】④ナプラ HB ジュエライズ
  7. 市販ヘアマニキュアおすすめ【2019】⑤エブリ ヘアマニキュア
  8. 市販ヘアマニキュアおすすめ【2019】⑥サロンドプロ EXメンズヘアマニキュア
  9. 市販ヘアマニキュア【2019】上手な屁マニキュアの使い方
  10. 市販ヘアマニキュア【2019】プチプラでもバッチリ!:まとめ
Ap5fz6o58ltvjcrwxeik
引用: https://www.instagram.com/p/Btdio6-nFua/

あなたは髪の色を変える時どのような方法でおこないますか。ヘアサロンを利用する人やセルフで髪色を変える人もいるでしょう。そして、セルフで髪色を変える人の中には、「ヘアカラー」を使ったり、あるいは「ヘアマニキュア」を利用して、それぞれに髪色の変化を楽しんでいます。

この「ヘアカラー」や「ヘアマニキュア」などの髪の色を変える染料には、それぞれに違いがあり髪に与える影響も異なるのをご存知でしょうか。まずはその違いについてみてみましょう。

ヘアカラーとヘアマニキュアの違いは?

セルフで髪色を変える女性は多くいますが、この2つの違いを知っている人は案外少ないのではないでしょうか。この2つは根本的に髪の色の変え方が異なります。

もともと髪には髪色を構成するメラニン色素が含まれています。「ヘアカラー」はその髪に含まれるメラニン色素を分解して脱色し、髪の内側へと染料を入れて髪を染め上げます。一方、「ヘアマニキュア」は、「ヘアカラー」のようにメラニン色素を分解することがありません。髪の内側に作用することなく髪の表面に色を付けていきます。

従って、「ヘアカラー」の方がしっかり色付けができ、色持ちが長続きするメリットがあります。しかし、髪の内側に浸透してメラニン色素を分解することで、髪にダメージを与えるデメリットがあります。髪が伸びてきた際には、伸びた分がそれ以前の分の髪の色が異なるので、まだらにならないように染め直す必要があります。

それに引き換え「ヘアマニキュア」は、髪の表面だけに作用するので髪にダメージを与えないメリットがあります。さらに、剥がれかけたキューティクルを修復したり、髪にツヤやハリを与えクシ通りを良くする作用があります。しかし、「ヘアマニキュア」の場合には髪の表面への色付けのため、「ヘアカラー」のように色が長持ちがせず、シャンプーをする毎に色落ちが発生するデメリットがあります。

自分の目的に合った染料を使う

Njwikfqh0brgt3rx9gpj
引用: https://www.instagram.com/p/BtcdETSFeA_/

このように「ヘアカラー」と「ヘアマニキュア」には、それぞれメリット・デメリットがあります。「しっかり染めて髪のおしゃれを楽しみたい」「色持ちが長持ちしないが、気軽に染めて髪を傷めたくない」など、髪の色を変える際の思い入れは、人それぞれ異なります。どちらを使うか迷った時には、それぞれが持つ特徴をよく理解して、自分に思いに合った染料を使い分けることが大切です。

1 / 5