Yon1vaa6hkz9iouj1onn

暮らし

CATEGORY | 暮らし

睡眠5時間で起きてしまう!睡眠時間は十分?それとも少ないの?

2019.01.11

今回は、5時間が十分な睡眠かどうか紹介していきます!5時間で起きてしまうという人は、十分んだと思っているかもしれませんがもしかしたら少ないのかもしれません。質の良い睡眠を心がけるのが何よりも大切ですよ!また、眠いと感じている人は要注意です。

  1. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?
  2. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<5時間って少ない?>
  3. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<ショートスリーパーの場合>
  4. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<睡眠不足の判断方法>
  5. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<平均的な長さ>
  6. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<質を良くする方法①寝る前に電気機器は使わない>
  7. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<質を良くする方法②リラックスするルーチンを取り入れる>
  8. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<質を良くする方法③枕やマットレスを見直す>
  9. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<質を良くする方法④環境を整える>
  10. まとめ
Short sleeper2
引用: https://style-knowledge.com/wp-content/uploads/2016/01/short-sleeper2.jpg
ショートスリーパーの人は、短い時間で体を回復させる事ができます。例えば、8時間寝てやっと疲れが取れるという人と比較すると、5時間で同じくらいの疲れが取れているのかもしれません。ただし、ショートスリーパーではない人が無理して5時間睡眠を続けてしまうと睡眠不足になってしまうので注意が必要です。
O0960063914057570661
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20171027/22/rycka50/22/c0/j/o0960063914057570661.jpg
実際に、睡眠不足かどうか判断する方法が知りたいという人もいると思います。そこで次に、睡眠不足の判断方法について紹介していきます。まず始めに、朝起きてぐったりとしているという人は睡眠不足の可能性があります。もちろん、日中に眠いと感じている人も、十分に睡眠が取れていない可能性が高いでしょう。また、目の下にクマができたり、どうしても頭がすっきりしない場合は睡眠不足になっているかもしれません!睡眠不足を回避するためには、もう少し睡眠時間を長くするか、質の良い睡眠をとるようにしてみてください。
Img1
引用: http://www.mensholos.com/wp/wp-content/uploads/2013/03/img1.jpg
どうしても寝る時間が削られてしまう・・・という人はできる限り質の良い睡眠をとるように心がけるのが何よりも大切ですよ!
91d290170aa5f4d68a312575a0b74803 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/91/91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_t.jpeg
5時間の睡眠が短いという事は、一体何時間が平均なの・・・?と考えている人もいると思います。実際にところ、平均的に大人の場合は7時間睡眠が適切だという人が多い傾向があります。7時間から8時間くらいが、一般的に必要な睡眠時間なのかもしれません。逆に、10時間などあまりにも長く寝すぎてしまうと、それはそれで日中眠いと感じる事があります。睡眠時間は十分に思えますが、質が悪くなっている可能性があるんです!長く寝ているのに眠いと感じる人は、睡眠時間を改めて見直すようにしてみてください。
Sleep
引用: http://www.i-doctor.jp/images/sleep.png
大体、7時間から8時間を目安に睡眠を取るようにしてみると、朝もすっきり起きれますよ!また、日中も眠いと感じる事なくさくさくと仕事ができるでしょう。
23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/23/23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_t.jpeg
先ほども少し触れましたが、短時間でも睡眠の効果をあげるためには睡眠の質を良くする事が大切になります!そこで最後に、睡眠の質を良くする方法について紹介していきますね。まず始めに心掛けたいポイントが、寝る前に電気機器を使わないという方法です。例えば、パソコンやスマートフォンなどはブルーライトの影響によって眠りにつけなくなったり深く眠れなくなってしまう事があります。寝る1時間前からは、携帯やパソコンをいじらないように習慣付けるのが最もおすすめです。
2 / 4