Yon1vaa6hkz9iouj1onn

暮らし

CATEGORY | 暮らし

睡眠5時間で起きてしまう!睡眠時間は十分?それとも少ないの?

2019.01.11

今回は、5時間が十分な睡眠かどうか紹介していきます!5時間で起きてしまうという人は、十分んだと思っているかもしれませんがもしかしたら少ないのかもしれません。質の良い睡眠を心がけるのが何よりも大切ですよ!また、眠いと感じている人は要注意です。

  1. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?
  2. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<5時間って少ない?>
  3. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<ショートスリーパーの場合>
  4. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<睡眠不足の判断方法>
  5. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<平均的な長さ>
  6. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<質を良くする方法①寝る前に電気機器は使わない>
  7. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<質を良くする方法②リラックスするルーチンを取り入れる>
  8. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<質を良くする方法③枕やマットレスを見直す>
  9. 睡眠5時間で起きてしまう!これって少ない?<質を良くする方法④環境を整える>
  10. まとめ
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d7/d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_t.jpeg
みなさんは普段、どのくらい睡眠を取るように心がけていますか?睡眠時間は、人によって適切な時間が変わってくるので実はぴったりな睡眠時間を知っておく事が大切なんです。そこで今回は睡眠が5時間の場合は少ないのかどうか、紹介していきます!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/17/17073fdf1da9d0987a6cca453561812a_t.jpeg
十分寝たと思っているのに昼前に眠いと感じてしまうという事は、睡眠の質が悪い可能性もありますよ。後半では、質の良い睡眠方法についても紹介していきますね!
引用: http://www.okagesama-relaxation.com/60005443/wp-content/uploads/2017/11/o0425028213452845063.jpg
人によって適切な睡眠時間の長さが変わってくるというお話を先ほどしましたが、一般的に5時間の睡眠時間が十分だという人は少ないそうです。つまり、5時間の睡眠時間は、少なすぎている可能性があります!後程、平均的に適切な睡眠時間を紹介していきますが、5時間はやはり短すぎるという人の方が多いのです。5時間でどうしても夜中に起きてしまうという人は、睡眠障害の可能性もあるので注意が必要です。また、あまりにも5時間睡眠に慣れてしまうと、体は十分寝ていないのに起きてしまう事もありますよ。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HOTE86_oyasumitime15234156_TP_V.jpg
日中に眠いと感じている人は、間違いなく5時間の睡眠時間は十分ではないという証です!自分がどのような状況なのか、しっかり判断してみましょう。また、5時間で起きてしまう事が睡眠障害の可能性もありますが、逆にショートスリーパーの可能性もありますよ。ショートスリーパーについては、次に紹介していくのでチェックしてみましょう。
引用: http://www.okagesama-relaxation.com/60005443/wp-content/uploads/2018/09/ac9052b3057bd08995c0fb57c64d41c0.jpg
ショートスリーパーとは、名前の通り睡眠時間が短くても大丈夫な人達の事を言います。ショートスリーパーの人は、5時間でも十分だという人もたくさんいるんです。また、5時間以内でも全然眠いと感じないという人もいます!適切な睡眠時間というのは、生まれつきの遺伝子と、環境によって変わってきます。5時間の睡眠でもうすっきりするという人もいれば、9時間寝てもなかなか眠気が取れないという人もいるでしょう。これは、遺伝に関係している可能性が非常に高いです。もともと幼いころから、短時間で起きてしまうだけではなく、疲れが感じにくいという人はショートスリーパーなのかもしれません。
引用: https://style-knowledge.com/wp-content/uploads/2016/01/short-sleeper2.jpg
ショートスリーパーの人は、短い時間で体を回復させる事ができます。例えば、8時間寝てやっと疲れが取れるという人と比較すると、5時間で同じくらいの疲れが取れているのかもしれません。ただし、ショートスリーパーではない人が無理して5時間睡眠を続けてしまうと睡眠不足になってしまうので注意が必要です。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20171027/22/rycka50/22/c0/j/o0960063914057570661.jpg
実際に、睡眠不足かどうか判断する方法が知りたいという人もいると思います。そこで次に、睡眠不足の判断方法について紹介していきます。まず始めに、朝起きてぐったりとしているという人は睡眠不足の可能性があります。もちろん、日中に眠いと感じている人も、十分に睡眠が取れていない可能性が高いでしょう。また、目の下にクマができたり、どうしても頭がすっきりしない場合は睡眠不足になっているかもしれません!睡眠不足を回避するためには、もう少し睡眠時間を長くするか、質の良い睡眠をとるようにしてみてください。
引用: http://www.mensholos.com/wp/wp-content/uploads/2013/03/img1.jpg
どうしても寝る時間が削られてしまう・・・という人はできる限り質の良い睡眠をとるように心がけるのが何よりも大切ですよ!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/91/91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_t.jpeg
5時間の睡眠が短いという事は、一体何時間が平均なの・・・?と考えている人もいると思います。実際にところ、平均的に大人の場合は7時間睡眠が適切だという人が多い傾向があります。7時間から8時間くらいが、一般的に必要な睡眠時間なのかもしれません。逆に、10時間などあまりにも長く寝すぎてしまうと、それはそれで日中眠いと感じる事があります。睡眠時間は十分に思えますが、質が悪くなっている可能性があるんです!長く寝ているのに眠いと感じる人は、睡眠時間を改めて見直すようにしてみてください。
引用: http://www.i-doctor.jp/images/sleep.png
大体、7時間から8時間を目安に睡眠を取るようにしてみると、朝もすっきり起きれますよ!また、日中も眠いと感じる事なくさくさくと仕事ができるでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/23/23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_t.jpeg
先ほども少し触れましたが、短時間でも睡眠の効果をあげるためには睡眠の質を良くする事が大切になります!そこで最後に、睡眠の質を良くする方法について紹介していきますね。まず始めに心掛けたいポイントが、寝る前に電気機器を使わないという方法です。例えば、パソコンやスマートフォンなどはブルーライトの影響によって眠りにつけなくなったり深く眠れなくなってしまう事があります。寝る1時間前からは、携帯やパソコンをいじらないように習慣付けるのが最もおすすめです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/C789_keitaitomba_TP_V.jpg
日頃から、スマホは手放せないという人にとっては難しい事かもしれませんが、睡眠の質を上げるためにも頑張ってみましょう!
引用: https://dietplus.jp/public/ui/contents/100/article/2017/0715/5718_4.jpg
もう一つおすすめしたい方法が、リラックスするルーチンを取り入れるという方法です!これも、実は質の良い睡眠を取るために必要な事なのです。リラックスするルーチンを作る事によって、体も眠りにための準備ができます。例えば、寝る前にヨガをする習慣をつけたり読書をしたり、アロマの香りを楽しむという時間を作ってみても良いかもしれません!このようなルーチンを毎日繰り返していると、体も徐々に覚えてきます。自然とリラックスができるようになるので睡眠の質も間違いなく上がりますよ!
引用: https://publicdomainq.net/images/201806/10s/publicdomainq-0022977pnh.jpg
自分にとっても最もリラックスする習慣を、日ごろから取り入れてみてくださいね!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6f/6f05f80c5d5736872b3e5f1f2f7b2d6c_t.jpeg
もう一つ大切なのが、枕やマットレスです!枕やマットレスによって、睡眠の質は変わってきます。自分に合った枕やマットレスを使うと、びっくりするくらい睡眠の質が変わります。枕の高さやマットレスの硬さはもちろん、素材にもしっかりこだわってみましょう。自分にぴったりな枕やマットレスが分からないという人は、お店に行って相談してみると良いかもしれません。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6f/6f05f80c5d5736872b3e5f1f2f7b2d6c_t.jpeg
最近だと、オーダーメイドの枕なども流行っていますよ!オーダーメイドだと、自分の頭や体にしっくりくるように作ってくれるので、ぜひ試してみてくださいね。
引用: http://www.suimingu.com/wPcn52/wp-content/images/contact.jpg
最後におすすめしたい方法が、環境を整えるという方法です!環境を整える事で、しっかり質の良い睡眠を取る事ができちゃいますよ。例えば、明るさやノイズには気を付けてみてください。部屋は暗くする事で、睡眠の質も上がります。また、周りのノイズなどもできるだけ対策してみてくださいね!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c0/c0e502bd551ed9e3197e14da08ed8f90_t.jpeg
寝るときの環境は、ものすごく大切ですよ!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTFhGbNi_N3wPRD-JXqOg0BT_32W6JQ10gsDXrgY9Oxq5etKCCH
引用: https://karadacollege.com/wp-content/uploads/2017/10/30d5e4d89ac415ad9166e74d97adf1bd_t.jpeg
いかがでしたか? 5時間睡眠や、基本的に少ないと思ったほうが無難かもしれません。特に眠いと感じている場合は、十分ではありません。もちろん、中にはショートスリーパーの人もいると思いますが、実際のところは非常にまれなんです!どうしても睡眠時間を短くしたいという人は、できるだけ質の良い睡眠をとるように心がけてみてくださいね。

睡眠についてもっと知りたい方はこちら