K09hsrd5d5j3kmlcynv9

レシピ

CATEGORY | レシピ

北京飯のレシピとおすすめ店【2019】とろとろ卵がたまらない!

2018.12.25

2019年、北京飯は全国区の人気となりそうです。卵と豚肉を使った簡単なレシピながら美味しいと地元で愛されていましたが、あるテレビ番組をきっかけにブレイク。毎日でも食べたいという人が続出しています。そこで、北京飯のレシピと食べられるお店などを紹介していきます。

  1. 北京飯のレシピとおすすめ店【2019】:「北京飯」どんな料理?美味しいの?
  2. 北京飯のレシピとおすすめ店【2019】:本家本元のレシピとは
  3. 北京飯のレシピとおすすめ店【2019】:「中国料理 北京本店」
  4. 北京飯のレシピとおすすめ店【2019】:「半熟堂」
  5. 北京飯のレシピとおすすめ店【2019】:アレンジメニュー①「有機醤油あんかけ北京飯」
  6. 北京飯のレシピとおすすめ店【2019】:アレンジメニュー②「特製台湾ミンチのせ北京飯」
  7. 北京飯のレシピとおすすめ店【2019】:自宅レシピ①「ふわとろ 安城ソウルフード 北京の北京飯」
  8. 北京飯のレシピとおすすめ店【2019】:自宅レシピ②「とろ〜り卵の北京飯♡(鶏肉の卵とじ)」
  9. 北京飯のレシピとおすすめ店【2019】:自宅レシピ③「北京飯風♡白菜の甘辛卵とじ」
  10. まとめ
Lgllffe95jtwgocnardm
引用: https://www.instagram.com/p/BpcBNSXHETa/
「北京飯(ぺきんはん)」は名古屋のソウルフードのひとつといわれている料理のひとつ。丼にご飯をよそい、醤油ベースで味付けした卵丼の状態の卵を乗せ、さらに油で揚げた豚の唐揚げを入れます。こうして文章で書くと、かつ丼の卵と分離したバージョンともいえますが、味も見た目もだいぶん違います。

関連記事

ふわふわ卵

Smpwstx10tgcdid7b4z5
引用: https://www.instagram.com/p/Bryz3vRnBFL/
北京飯の卵は、甘辛いタレ、ふわふわ、汁多めがポイント。後ほど紹介する本家本元のお店では「醤油ベース」としか公表していませんが、基本は醤油、塩コショウ、みりん、酒などを配合して、そこに何かを加えているのではといわれています。辛さの原料は残念ながら不明です。
Uy2bstaakovswq12vzrw
引用: https://www.instagram.com/p/Brjk8GoHKg0/
ふわふわの秘密は絶妙な火加減が大切です。タレと卵を溶き合わせたら、フライパンなどで揚げます。また、もちろん好みでよいと思いますが、汁多めというで濃い味がポイントです。

豚肉の唐揚げ

Jzmcwpzsx0yj6oxljrno
引用: https://www.instagram.com/p/Brw9WbaANJ-/
北京飯で使われるのは、内モモ肉という部位。豚肉の部位のなかでも、脂身が少ない部分です。自宅で作る場合は、ヒレ肉のほうが手軽かもしれませんね。内もも肉を塩コショウで下味を付けたら、溶き卵をくぐらせます。そして、片栗粉をまぶしてあげていきます。小麦粉でなく、片栗粉を使うのも北京飯レシピのポイントですよ。このほうが食感が北京飯に合うとのことです。

完成

Jra4d0zw9wofybf0wtbw
引用: https://www.instagram.com/p/Brh4U5JBlKc/
北京飯は、まず卵丼の状態にします。そして、その上に豚の唐揚げを乗せていきます。このあたりの量は好みでよいようで、本家本元のお店でも、卵多めの北京飯や、唐揚げ多めの北京飯など、さまざまなバリエーションがあります。 いかがでしょうか。割と簡単に作れそうですよね。そして、一度も食べたことがなくても「間違いない」という美味しさが見た目でもすぐにわかります。
味付けのポイントは、濃い味。これは、もともと、農業に従事している人を対象にしていることから、濃い味が好まれたというのが背景にあるようです。
Krxi8w9cnluzfbsiuw2v
引用: https://www.instagram.com/p/BrZDYNan8MP/
1 / 5