Tamu8aandmxvoxyt2btn

映画

CATEGORY | 映画

ハリーポッター名言8選!心に残る素敵な言葉をまとめてみた!【映画画像あり】

2018.12.19

元々は小説だったものを映画化して人気になった、ハリーポッター。その素敵なストーリーとファンタジーの世界から、多くのファンを魅了しました。今回は、そんなハリーポッターの中で、心に響く名言を紹介したいと思います。特に、映画の中からの名言を集めてみました!

  1. ハリーポッターの小説家は誰?
  2. 最初の小説はいつ出版されたの?
  3. ハリーポッターに出てくる主な登場人物
  4. 心の響く!ハリーポッターの名言①:『ハリーポッター賢者の石』「進むのは君なんだ!」
  5. 心の響く!ハリーポッターの名言②:『ハリー・ポッターと秘密の部屋』「能力ではなく、我々の選択だ!」
  6. 心の響く!ハリーポッターの名言③:『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』「世界を大きく変えた!大きな変化だ!」
  7. 心の響く!ハリーポッターの名言④:『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』「受けてたつ!」
  8. 心の響く!ハリーポッターの名言⑤:『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』「自分を信じることだ!」
  9. 心の響く!ハリーポッターの名言⑥:『ハリー・ポッターと謎のプリンス』「僕は選ばれし者だよ!」
  10. 心の響く!ハリーポッターの名言⑦:『ハリー・ポッターと死の秘宝1』「君に家族はいないんだ!」
  11. 心の響く!ハリーポッターの名言⑧:「『ハリー・ポッターと死の秘宝2』「もう終わらせよう!一緒に!」
  12. 心の響く!ハリーポッターからダンブルドア校長先生が言った名言の数々
  13. まとめ
N3d7qxvgznemrddo92qc
引用: https://www.instagram.com/p/BGbeY_cPijE/
今となっては世界的に知られるハリーポッターですが、この小説を執筆したのは、J・K・ローリングという当時、無名の人でした。彼女はイギリス出身ですが、なかなか複雑な過去を持っています。
Sxexrcetcjaczt3d8z5d
引用: https://www.instagram.com/p/BGbeTRVviix/
簡単に紹介すると、彼女は大学卒業後、ポルトガルへ英語教師のして働いているときに、生徒の1人とできちゃった結婚をします。ところが、この元夫は薬物中毒でしかも暴力を振るう人だったため、数年後には子供を連れてイギリスへ戻ります。
Ixtqechjxt8uy7nisrsd
引用: https://www.instagram.com/p/BrgnMmOgMiW/
父は再婚、母はすでに亡くなっていたため、イギリスに戻っても頼る人がおらず、子供もまだ小さかったために生活保護を受けて生活をしていました。また、同時にうつ病も発症します。それでも、昔から書くことが好きで、貧しいながらも子供を喜ばせるためにストーリーを書いていました。そのストーリーのの1つが、後に大ヒットとなるハリーポッターです。
W5q8mptmrdltkpaqeuoi
引用: https://www.instagram.com/p/Bq7kTNuHkKG/
最初のストーリーを書き終えたのは1995年頃のことで、出版会社へ持ち込んだところ、どこも相手にしてくれませんでした。そして、最後の小さな出版会社を訪れたところ、ここの編集長が気に入り自分の子どもへ読ませたところ、大変良い反応を示した為、1997年に最初の本が出版されます。これが、「ハリー・ポッターと賢者の石 (Harry Potter and the Philosopher's Stone)」です。
Dvivcoliwdqh2onvegzd
引用: https://www.instagram.com/p/BrUYhSMlssz/
当初はイギリス国内だけの出版だけでしたが、世界的にその人気が広まり、日本でも1999年に日本語の翻訳バージョンが出版されました。そして、2001年にはクリス・コロンバス監督によって映画化されます。こちらの映画版も大変人気で、全部でシリーズ8作品が製作されました。あの有名な、「タイタニック」を上回るほどの人気だったそう!
Oecpnct7jje64aqvj9cn
引用: https://www.instagram.com/p/Bq7xv8fh72H/
もちろん、小説、映画以外にも関連グッズも販売されるようになり、ハリーポッターは世界的に人気を集めます。その人気と共に、彼女のもとにもたくさんのお金が入るようになります。
Jetqnoyasfruikfbccgn
引用: https://www.instagram.com/p/BrK_HN_FP-0/
数年前では、シングルマザーで生活保護を頼っていた女性でしたが、この時にはすでに、「歴史上最も多くの報酬を得た作家」と呼ばれるようになりました。余りの環境の変化に彼女自身がついていけず、一時は治ったうつ病が、また再発したという話もあるとか!?

関連記事

1 / 4