Ku197takfamuau91iv8a

家具

CATEGORY | カテゴリー

人気おすすめの洗濯機まとめ!1番最新なのは?便利な家電でよりよい暮らしを!

2018.12.07

消費税導入前に、古くなってきた洗濯機などの白物家電の購入を検討する必要があります。最近の家電メーカーの最新洗濯機は、さらに機能がすごいことに!その中で汚れ落ちが良いのは?節水&省エネなのは?便利で人気なのは?最新のおすすめ洗濯機についてまとめました。

目次

  1. 最新で人気のおすすめ洗濯機◆縦型?ドラム式?どちら?
  2. 最新で人気おすすめの洗濯機 ❶【縦型】洗濯機選びのポイント
  3. 最新で人気おすすめの洗濯機 ①パナソニック「NA-FA100H5」
  4. 最新で人気おすすめの洗濯機 ②日立「ビートウォッシュ BW-V100B」
  5. 最新で人気おすすめの洗濯機 ③シャープ「ES-GV10B」
  6. 最新で人気おすすめの洗濯機 ④東芝「ZABOON(ザブーン) AW-10SD6」
  7. 最新で人気おすすめの洗濯機 ⑤ SHARP「ES-GE5C」
  8. 最新で人気おすすめの洗濯機 ❷【ドラム式】洗濯機選びのポイント
  9. 最新で人気おすすめの洗濯機 ①日立「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-SV110BL」
  10. 最新で人気おすすめの洗濯機 ②パナソニック「NA-VX8800L」
  11. 最新で人気おすすめの洗濯機 ③シャープ「ES-P110」
  12. 最新で人気おすすめの洗濯機◆洗濯機の選択は充分な吟味を!
Ugg2y9gcedfodhapi7oy
引用: https://www.instagram.com/p/Bq_w866B0sM/
Vhpzqm6svhlamuseowxf
引用: https://www.instagram.com/p/BrAC1ZSnqih/

洗濯機を選ぶ場合はまず、現在の2つの洗濯機の主流から選択しなければなりません。“かくはんしてもみ洗い”の「縦型」にするのか、それとも“たたき洗い”の「ドラム式」にするのか。この2つには、それぞれに長所と短所があります。また、家電メーカーによっても機能に違いがあります。これらの点をしっかり押さえた上で購入しましょう。

水量はどちらが使う?汚れ落ちしやすいのは?

B7q0rpkakyksscnphapb
引用: https://www.instagram.com/p/Bq_PzVLlm9U/

水量のチェックも必要です。一般的に縦型式に比べてドラム式のほうが、使用する水量は少ないとされています↓。しかしその反面、汚れ落ちが良いのは「縦型式」のようです。ところが電気代が節約できるのは、“機種によるコースの形式”によっては「ドラム式」とも言われています。

パナソニックの洗濯容量10kgの製品で比べてみると、ドラム式「NA-VX7800L」の定格洗濯時の標準使用水量は78Lなのに対し、縦型「NA-FW100S5」は104Lと、1か月間毎日使用した場合、780Lもの水量の差が出ます(水道料金に換算すると200円程度)。

容量もチェックしましょう!

S5rgd7nlukzwztd6neqp
引用: https://www.instagram.com/p/Bq54WTaAoVx/

家族が何人いるのか、また体育系部活動などで汚れものが多くなる子供がいるのか、などによっても洗濯物の量が違うので、それに合わせて洗濯機の容量を選ぶことも必要です。

単純に計算すると、4人家族の場合6kgの容量でOKとなりますが、週末にまとめ洗いをする家庭やシーツや毛布を洗うニーズがあるなら、洗濯容量8kg以上の製品を選ぶほうがいいでしょう。なお、洗濯容量と乾燥容量は異なりますので、洗濯から乾燥まで全自動で行う場合は注意してください。

それではこのあとから、今年売り出されたモデルからレビューの良い洗濯機についてまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

Jhx6lxnx0afrftjcvnvm
引用: https://www.instagram.com/p/Bq7QrwiBcAw/

縦型式洗濯機は、乾燥機能を備えた「縦型洗濯乾燥機」と、乾燥機能のない「全自動洗濯機」に分類されます。乾燥機がついているかどうかの違いですが、「洗濯物がたくさんある」「干すスペースが少ない」などの場合は、やはり乾燥機付きの洗濯機が便利そうです。また、ドラム式よりも縦型式のほうが水量を必要としますが、そのぶん汚れが落ちやすいという利点もあります。

それでは、おすすめされている縦型式洗濯機の大まかな特徴について見ていきます。

1/6