Noimage vvtcu3

アレンジ

CATEGORY | アレンジ

クッキー型の作り方!材料別にご紹介【アルミホイル・厚紙・牛乳パック】

2018.04.23

100円ショップでも購入できるクッキー型ですが、欲しい形が見つからないことも少なくありません。そんな時は思いきってクッキー型を自作してみませんか?作り方さえ分かれば誰でも簡単に作れるようになりますよ。今回はそんなクッキー型の作り方を材料別に7つご紹介します。

目次

  1. 作り方が分かればどんなクッキー型も手作りできちゃう!
  2. 手作りクッキー型の作り方その1.アルミ缶
  3. 手作りクッキー型の作り方その2.牛乳パック
  4. 手作りクッキー型の作り方その3.厚紙とアルミホイル
  5. 手作りクッキー型の作り方その4.ペットボトル
  6. 手作りクッキー型の作り方その5.プラスチックシート
  7. 手作りクッキー型の作り方その6.クリアファイル
  8. 手作りクッキー型の作り方その7.アルミ板
  9. クッキー型を使わなくてもかわいいクッキーは作れる!
  10. まとめ
Dough 2943759 640
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/11/12/20/50/dough-2943759_640.jpg

今や100円ショップでも手軽に購入できるクッキー型。型抜きクッキーを作るには安くて便利ですが、「欲しいのはこういう形じゃないんだよな…」と思うことも少なくありません。理想のクッキー型が見つからない場合には思いきって手作りしてみませんか?

2.41203e5be4cf6ed72a0aada0997e399ac99a6ab5big 650x432
引用: https://dzhf35fckux73.cloudfront.net/wp-content/uploads/2016/12/2.41203e5be4cf6ed72a0aada0997e399ac99a6ab5big-650x432.jpg

「手作り」というとハードルが高いイメージがあるかも知れませんが、もちろんそんなことはありません!作り方さえ分かれば誰でも簡単に思い通りのクッキー型が作れるようになりますよ。今回はクッキー型の作り方を材料別に7つご紹介します。

関連記事

Xayrojgphuqspz2uhitk

家でビールやジュースを良く飲む場合には、飲み終えたアルミ缶を利用してクッキー型を作るのがおすすめ。用意するものは「アルミ缶」「キッチンばさみorカッター」「ペンチ」「耐水性ボンド」。薄くて加工しやすいアルミ缶は手や指を切る恐れがあるため、軍手を着用した方が安全です。

D74d05de s
引用: http://livedoor.blogimg.jp/zzz2012kk/imgs/d/7/d74d05de-s.jpg

クッキー型はアルミ缶の中央部分を使って作るので、まずは両端を切り落としましょう。切り取ったアルミ缶の中央部分は大体2センチ幅にカットして切り口を整えます。後はペンチを使ってそのアルミ缶を作りたい形に曲げて行けばOK。大きさに合わせてカットしたり途中で切れたりした場合は、耐水性ボンドで固定してくださいね。

Ts04j7bgxjsq9noyedtu

「ウチは牛乳の消費量が多い」という人は、リサイクルに回すその乾燥させた牛乳パックでクッキー型を作ってみましょう。用意するものは「乾燥させた牛乳パック」「はさみorカッター」「ホチキス」「定規」。折り曲げる部分にはカッターで薄く線を、曲線にしたい部分には太めのペンを巻き付けておくとキレイに形作ることができます。

V16ngqnjhuhpngqpa022

キレイに洗って乾燥させた牛乳パックを切って広げたら、1辺を縦半分に切り取って短冊状にします。その牛乳パックを好きな形に折り曲げて行き、つなぎ目をホチキスで留めれば完成です。あらかじめ定規で測って折り目や曲線の位置を付けておくと、作業が楽になりますよ。牛乳パックは扱いやすく工作感覚で作れるので、お子さんと一緒に取り組むにもおすすめです。

1 / 3