Cgvsk5x7knkq7y4bct4a

100均

CATEGORY | カテゴリー

おしゃれなアロマワックスバーを100均の材料とレンジで作る方法!

2018.11.09

火を使わなくても香るおしゃれなアロマワックスバーが、100均の材料やレンジを使って簡単に作ることができます。デザインも自分で好きなように考えることができるので、お子さんと一緒にも作れます。ここでは、100均材料で作るアロマワックスバーの作り方をご紹介します。

目次

  1. アロマワックスバーとは
  2. アロマワックスバーを100均材料で用意するもの
  3. アロマワックスバーを100均材料で作る【作り方】①キャンドルを分解する
  4. アロマワックスバーを100均材料で作る【作り方】②デザインを決める
  5. アロマワックスバーを100均材料で作る【作り方】③キャンドルを溶かす
  6. アロマワックスバーを100均材料で作る【作り方】④香りをつける
  7. アロマワックスバーを100均材料で作る【作り方】⑤型に流し込む
  8. アロマワックスバーを100均材料で作る【作り方】⑥デコレーションする
  9. アロマワックスバーを100均材料で作る【作り方】⑦紐を通す
  10. アロマワックスバーを100均材料で作る【作り方】デザインのアレンジ

アロマを焚いて香りに包まれると、心身共に癒されます。ですが、多くのアロマは火を用いることが多いので、子供のいる家庭では使える時間や、使える場所が限られてしまいます。
そこで、どんな場所でも使えると今とても人気なのが、火を使わずにアロマを楽しめる「アロマワックスバー」です。

「火を灯さないキャンドル」とも言われる、アロマワックスバー。サシェ(香料を入れた小袋)のように、そのまま飾ってアロマの香りを楽しむインテリアです。

Fjqdmkiiyklo6hrsoigo
引用: https://www.instagram.com/p/BpV5mgLBeRJ/

自分で作れる

家庭でも簡単に作ることが出来るので、自分用に作ったり、プレゼント用、更には販売を行っている人もたくさんいます。ドライフルーツやプリザーブドフラワー、木の実やシナモンなど、好きな飾りを付けることができるのも、魅力の一つです。

Ewrhjzjkwlpil6dubnhs
引用: https://www.instagram.com/p/Blw9E5bDG7W/

更に、香りは半年~1年ほど持つと言われています。香りがなくなったら、作ったアロマワックスバーに精油を付けるなど、メンテナンスをすれば、香りをずっと楽しむことができます。

アロマワックスバーの用途

アロマワックスバーの用途は、香りを楽しむだけではなく、香りを楽しみつつそのデザイン性の高さからオブジェにもなります。季節的なグッズとして、クリスマスツリーのオーナメントやリースにしたり、更にはガーランドとして活用することも可能です。

Ryxw7ljtvl1kdmhtsy3i
引用: https://www.instagram.com/p/BpMyIWYHx70/

様々な用途に使えるアロマワックスバーですが、電子レンジを使えば、簡単に自宅で作ることができます。更に、材料も100均で揃うという見た目以上の安さも魅力です。自宅で電子レンジを使ったアロマワックスバーを作るために、用意するものをご紹介します。

D5c88jhg7h5joit1n1x4
引用: https://www.instagram.com/p/BgsZBn3nDrs/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=17q8ua97fcu2m

必要な道具

①キャンドル(ティーライトキャンドルやアロマキャンドルなど)
②固めるための型(パウンドケーキ型やドーナツ型など固めて取り外せられるもの)
③紙コップと割りばし(キャンドルを溶かして混ぜる)
④ポプリやフェイクグリーン、ドライフルーツなど(装飾するためのもの)
⑤アロマオイル(アロマキャンドルの場合には不要です)
⑥ストロー(紐を通す穴を作るため)
⑦紐(仕上げにアロマワックスバーに紐を通してドアなどにかけられるようにします)
⑧食用油(型から取り外しよくするために少量使用します)
⑨ピンセット(キャンドルの芯を取り外す時に使用します)

アロマワックスバーの主要な部分である、キャンドル。ティーキャンドルやアロマキャンドルなどは基本的には、アルミのカップにキャンドルが入っているものがほとんどです。
先ずは、そのアルミカップとキャンドル中心部にある芯を取り除くことが必要です。

1 / 4