Qwotzf3nef3ajuhvqxn4

無印

CATEGORY | カテゴリー

シューズキーパー人気おすすめ厳選!選び方も!【ダイソー・無印など】

2018.11.07

革靴やロングブーツなどを長持ちさせるために、欠かせないのがシューズキーパーです。シューキーパーとも呼ばれています。おすすめの選び方としては、人気ブランドから無印・ダイソーからもチョイス可能。今回は、人気でおすすめのシューズキーパーの選び方をご案内します。

目次

  1. シューズキーパーの種類
  2. シューズキーパーの選び方
  3. 選び方も要チェック!おすすめの人気シューズキーパー:①「アポロン アロマティック レッドシダー シューキーパー」
  4. 選び方も要チェック!おすすめの人気シューキーパー:②「ミズノ シューズキーパー 8ZK600 BLK」
  5. 選び方も要チェック!おすすめの人気シューズキーパー:③「PETTCOCO 男女兼用 シューキーパー」
  6. 選び方も要チェック!おすすめの人気シューズキーパー:④「無印良品 レッドシダー シューキーパー」
  7. 選び方も要チェック!おすすめの人気シューズキーパー:⑤「ダイソーのシューズキーパー」
  8. 選び方も要チェック!おすすめの人気シューズキーパー:⑥「コモライフ シューズフィッター 女性用」
  9. 選び方も要チェック!おすすめの人気シューズキーパー:⑦「女性用 シューズストレッチャー」
  10. 選び方も要チェック!おすすめの人気シューズキーパー:⑧「ブーツフィッター」
  11. シューズキーパーを使うと靴も長持ち
Qk0ye8b7hqx1tyevnmpe
引用: https://www.instagram.com/p/BpO60TblWdZ/

シューズキーパー、靴の型崩れを防止することのできるアイテムですね。シューキーパーとも言われますね。しかし、乾燥や消臭も大きなシューキーパーの役割なんですね。素材の種類としては、大きく分けるとプラスチックと木材となります。それぞれ効果のほども異なるので、しっかりと吟味したいですね。更には、値段にしっかりと比例するのがシューキーパーといわれていますが、実際はどうなのでしょうか。今回は、シューキーパーについて、まとめてみました。

プラスチック製のシューキーパー

Odj4ehqddifvkcq8m3bb
引用: https://www.instagram.com/p/BpPG55CnYrr/
プラスチック製のシューキーパーは安価なのでお財布にやさしく、靴の形状を矯正する効果も期待できます。ただし、靴の中が乾燥していないのにシューキーパーを入れてしまうと、湿気がたまり雑菌が繁殖しやすい環境を生む原因に……。靴を脱いだあとは乾燥させ、形を補整するために使うのがベターです。

木材のシューキーパー

Zet9rfexwzlfvflg4gcb
引用: https://www.instagram.com/p/Bhipwp9n3v0/
木製のシューキーパーは、靴の形状矯正にくわえて吸湿性にすぐれているので靴の中をより早く乾燥させ、その後は湿度調節機能も期待できます。さらに、半永久的に使用できるのが特徴です。素材によって価格の幅があり、効果が値段に比例するといわれています。ただし、重みがあるので旅行などに携帯するのは不向きというデメリットも。

H6y1gbp5k939qhxpsiks
引用: https://www.instagram.com/p/BmlFge-nlNF/

ビジネスマンに欠かせないアイテムの1つが革靴です。革靴を長く愛用していきために、適切な手入れとシューズキーパーを使っての保管が重要なんですね。ですので、シューズキーパーを選ぶには、役割をしっかりと把握する必要があります。そして、靴の種類や用途に合わせて使い分けをしましょう。高級なものをチョイスしても、手持ちの靴に必要な効果と合致しない場合もあります。シューズキーパーを選び方のポイントは、ご自分の靴に合ったものを選ぶことです。

(役割1)形状維持

Fyjdvh4bkzrygxmyvhkn
引用: https://www.instagram.com/p/BpIA7Nonvne/
シューキーパーの役割としてまず思い浮かぶのが、形状維持ではないでしょうか? シューキーパーを使うことで、アッパーやサイドに入ったシワを伸ばして美しい状態に導きます。ポイントは、小まめに使用すること。時間がたつにつれて、靴の美しさに差がつきます。

(役割2)乾燥

Wn0c3bl52jau7jzcbxqp
引用: https://www.instagram.com/p/Bp0CwAfHYJH/
足の裏は、体の中でも汗腺が多いところなのでとくに蒸れやすい場所。革靴の中に1日中足を入れていれば、靴の中は当然のように湿気が充満します。ですから、靴の中を乾燥させるためにも、乾燥効果が見込める木材や、風通しをよくするためのシューキーパーが必須になるのです。

(役割3)消臭

Yzjmjrz9tsvb5tqulpoc
引用: https://www.instagram.com/p/BpfejaMHwap/
足が蒸れやすい靴を履くと、靴の中は雑菌やカビが繁殖しやすい環境になってしまいます。それを防止するためにはシューキーパーを使うことが効果的です。最近では、脱臭・殺菌効果の高いものも多く、ご自身のライフスタイルに合ったものを選んでください。

1/6

続きを読む